スターウォーズエンドロールでキャリーフィッシャーへ追悼文!意味は

 

どうもふじぴーです。

8という数字。好きです。

なのでBB8も大好きです。

 

 

2017年12月15日(金)『スターウォーズ・エピソード8 最後のジェダイ』が公開されましたね。みなさん観ましたか?

内容や結末の説明は伏せておくとして、ま、その衝撃もさることながら、最後のエンドロールに流れたレイア姫を演じたキャリー・フィッシャーへの追悼文、つい涙が溢れてしまいました。この、予想だにしなかった映画の締めくくり方にファンの間でもかなり話題になっているようです。

最後のジェダイは誰なのかということよりも、エピソード3から8までの間ルークがなにしてたのか、という事実の方が、ふじぴーは気になっていたのですが、最後のエンドロールにかっさらわれましたね、ほんと参りました。

歴代のスターウォーズファンなら号泣&スタンディングオベーションでしょう。

 

 

スターウォーズにおける『キャリー・フィッシャー(レイア姫・将軍)』

スターウォーズ エピソード1〜3、そしてエピソード7、8と、主演のジェダイ『ルーク・スカイウォーカー(役マーク・ハミル)』の妹役『レイア』として出演されていました。

エピソード7で、再びお目にかかれたときの感動をわすれません。

そんな、スターウォーズという、社会現象を生み出した映画づくりに参加された、キャリー・フィッシャーさん、2016年12月27日午前8:55、60歳というお若さでお亡くなりになっています。

同年12月23日、ロンドン発ロサンゼルス行きの飛行機内で心肺停止状態で倒れ、搬送先の『カリフォルニア大学ロサンゼルス校ロナルド・レーガン病院』で治療を行っていました。特定されていませんが直接の死因として無呼吸睡眠。自宅ではなく、この病院でこの世を去ることになります。

『スターウォーズ 最後のジェダイ』への彼女の貢献は、役者としての面ばかりではなかったと言われています。仕事上だけでなく私生活、オフの面でもとても仲が良く心の底から繋がっていた、と彼女に関わった共演者や仕事の仲間の声が多くあります。そんな多くの方の胸に、巨大な穴を空けているのでしょう。今回のエンドロールの演出に、とても大きな愛と、感謝の気持ちを感じました。

また、エピソード8の彼女はなぜ出演しているの?という疑問を抱く人も多いかもしれません。

エピソード8 最後のジェダイでの出演シーンは、当初、CGで合成されるのでは、という憶測も飛び交ったいました。しかしキャリー・フィッシャーさんは気丈に最後まで演じきられたと聞いています。

死去されるまえに撮影を終了させていた。この事実にもファンの心を熱く締め付けます。彼女の精神面の強さはさることながら、作品に対してのリスペクト度や責任感など、彼女の魅力あふれる人間性が分かりますよね。

 

 

スターウォーズ 最後のジェダイ エンドロール内容は

「In loving memory of our princess Carrie Fisher (我々の愛する姫、キャリーフィッシャーに捧ぐ)」

このタイトルで始まるエンドロール。多くの方の胸を打つ衝撃の最後となりました。(本編だけで帰る方もいました)

ふじぴーふくめ、スターウォーズファンの華である、レイア姫(将軍)を演じた、『キャリー・フィッシャー』さんへの追悼文エンドロールに、つい涙。

2017年春、ルーク・スカイウォーカー役の俳優マーク・ハミルさんも、涙ながら追悼文を読まれていましたね。

彼女には決断力があり、タフな人でした。でも応援せざるを得なくなる弱さもあり、幸せになってほしいと願わずにいられなくなるんです。そんな彼女を、僕は素晴らしいと思っていました。

まるで自衛手段のように、キャリーはタフさをよろいのごとく誇示していた。でも彼女は心の底に、幼い少女のような弱さを持ち合わせていたのです。彼女のそういう部分は非常に魅力的でした。それに彼女はとても賢い人でもあったのです。

自分の愛する人が思い出になってしまう。でもその思い出は、自分の宝物として残ります。今日僕達は、その宝を称賛するためここにいます。そう、その宝はキャリー・フィッシャーなのです。

彼女は、僕の職業や私生活においても非常に重要な役割をはたしてくれました。キャリアも私生活も、彼女がいなければもっと空虚なものになっていたでしょう。彼女のおかげで笑ったこと、また彼女の英知や優しさに感謝しています。僕の“スペース・ツイン”のヤンチャで気ままな性格ゆえに何年も色々なことがありましたが、それも含めて僕は感謝しているのです。

 

 

スターウォーズ 最後のジェダイのエンドロールを観た人たち

やはり、エンドロールにやられたって方、相当いらっしゃるようですね。見ていて嬉しくなっちゃいます。

 

 

ほんと、あのとき、劇場内があたたかい空気一色に包まれて、外が極寒だったことなんて忘れちゃってます。よかったなぁ、あの一体感。また味わいたい。味わいに行こう

キャリー・フィッシャーさんのあとにも、デイジー・リドリー(レイ役)や、ケリー・マリー・トラン(ペイジ・ローズ役)、ベロニカ・グゥ(ペイジ・ティコ役)さんなど素敵で個性的な女性が数多く出演されているので、今後のスターウォーズにも華は咲き続けるとは思いますが、キャリーさんの品の良い美しさや、凜とした姿勢を継承するような方は出現されるのでしょうか。

最後のジェダイのローズ姉役だれ?かわいい女優ベロニカグゥのカップ画像 スターウォーズ最後のジェダイローズ役アジア系女性は誰?カップ画像

 

あとがき

いつもなら、映画の本編観たら帰ってしまう、という人も、今回だけでも最後まで見て欲しいですね。鑑賞時間が3時間くらいなので、お手洗いがヤバイって方はしょうがないけどね。

今回は、英語力不足から、エンドロール内容を訳せず恐れ入ります。ふじぴーは、最低3回は観に行くことになるかと思いますが、毎回、この拍手現象は起こることでしょう。会場全員の拍手で映画が締められる映画なんて体感したことありませんでした。

彼女のご冥福をお祈り申し上げるとともに、彼女が残した功績のひとつでもある、この、『スターウォーズ』を愛し続けて行きたいと思います。

ほんとうにありがとう。キャリー・フィッシャーさん。お疲れさまでした。

 

↓映画を観た方、一緒にラストネタバレ考察をつまみに飲みませんか

SW最後のジェダイ【ラストシーン考察】レイア・ルーク・分身・少年

 

実話グレイテストショーマン|実在人物バーナムと『バーナム効果』との関係

シェイプオブウォーターは猫好き注意?グロで可愛そう?カット・モザイク

4 Comments

Jake Rang

同感です。
2時間45分と言う長い時間、途中からトイレに行きたいのをずっと我慢して観てましたけど、エンドロールのあの一文を読んで、トイレの事なんて忘れてどっと涙が溢れ出して止まりませんでした。
もうすぐ彼女が亡くなって1年が経ちますが、多くのスタッフ、ファンに愛された彼女に改めて御冥福を祈りたいと思います。

返信する
ふじぴー

Jakeさん、コメントありがとうございます。
トイレ我慢されていた組ですか!たいへんでしたね笑 でも我慢のかいがあってよかったです!
ぼく、また今日も観に行き、2回目なのですが、もう、最初の出演シーンのキャリー・フィッシャーの顔を見ただけで嗚咽&号泣してしまいました。皆に本当に愛されているのが、映画の中からもにじみ出ていますよね。

返信する
勇気屋

本日、会社休んで見に行きました。
トイレ我慢できずに映画の途中で行っちゃいました。
おかげでエンドロールは最後まで見ました。
”In loving memory of our princess Carrie Fisher”
を見た時、追悼文と直ぐにわかり、胸にこみ上げるものが・・・

返信する
ふじぴー

勇気屋さん、コメントありがとうございます。
あら〜、トイレ抜けされましたか!残念ですが、エンドロール観られたんですね!よかった〜。
わかります、むっちゃこみ上げてきますよね。胸が熱くなります。
僕が観に行ったときににもトイレ抜けの方が数名いらっしゃいました。
上映時間、2時間40分くらいありますもんね。映画前の映画泥棒とか観てたら3時間くらいでしょうか。
2回目、ぜひ!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です