貴乃花親方の目がおかしい?顔つきの変化は精神疾患で統合失調症か洗脳か?

 

どうもふじぴーです。

2018年9月25日。

1993年頃から若貴ブームで

相撲人気を一気に押し上げた立役者

貴乃花親方が日本相撲協会に引退(退職届)する旨を提出したことで

大きな話題を呼んでいます。

 

報道によると

 

貴乃花親方はこの日、報道各社にFAXを送信して

「本日、公益財団法人日本相撲協会に対し、年寄を退職させていただく旨の

退職届及び貴乃花部屋に所属する弟子、床山、世話人全員について

所属先を変更させていただきたい旨の変更願いを提出いたしました」と報告した。

 

とのこと。

この急な展開に日本中が大慌てとなりました。

 

貴乃花親方がいろいろな事件で疲れていたことは分かっていましたが

もう限界が来ていたのかもしれませんね。

そこにはいろいろな精神的なストレスがあったかもしれません。

 

【関連記事】

貴乃花親方が倒れた病名は何?脳梗塞?搬送先の秋田の病院はどこ? 貴乃花にブーメラン?付き人暴行の貴公俊のツイッター暴言内容とは? 日馬富士殺人未遂?貴ノ岩にアイスピックで脅した言葉「殺してやろうか」

 

 

貴乃花親方が廃業・退職願を提出した理由は?

 

以前、貴ノ岩への日馬富士暴行を受けて

提出していた告発状。

 

退職願を提出するにあたっての理由を

会見で貴乃花親方はこの告発状を事実無根だったことにしろといわれたことが

廃業を決めた一番の理由だったようです。

 

協会側から貴ノ岩への暴行問題についての告発状は事実無根だといわれ

「親方を廃業せざるを得ないという有形無形の要請を受けてきた」と

圧力があったと主張

 

 

いずれかの一門に入る条件として、

告発の理由は事実無根の内容に基づくものと認めるよう、言われ続けた

しかし、告発状は事実無根の理由に基づくものではありません。

真実を曲げて事実無根と認めることは私にはできません

 

と自らの心に嘘をつけず弟子を守る姿勢を貫き

今回の引退に至りました。

 

いずれかの一門に所属せよとの指令自体に関しても

つい最近の秋場所まで聞かされていなかったともいいます。

 

日本相撲協会からの圧力やいじめがあったことは

間違いないと思われます。

 

そんな思いの丈を語った

2018年9月25日での引退届提出に関する会見で

貴乃花親方の目がおかしいとも話題になっていましたが

この目つきや表情に関してはいろんな憶測が飛び交っているようです。

 

 

 

貴乃花親方の目がおかしい?顔つきが変わったのは病気で統合失調症?

 

目がチカチカするためなのか

貴乃花親方は会見中も時折目を薄めたり

と思えばカッ!と見開いたり

少し怖い印象を覚えます。

 

病気なのではと一部ではいわれていますが

実際目の病気や精神的ストレスが要因であることなどは

一切発表されていません。

また

柔らかい表情をしていたと思えば緊張したような真剣な表情に急に変わったり。

 

当てはまるかどうかはわかりませんが

身近な話では

統合失調症の薬で出る副作用として

ぼんやりした表情こわばった表情になることも多いのだとか。

 

目を見開き口角を上げた表情など

それに近いものを感じずにいられませんでした。

 

貴乃花親方は、貴ノ岩への日馬富士暴行事件から

大きなストレスを抱えていたことでしょう。

 

日本相撲協会からの圧力で

もし精神的にも病んでいたとしたら。

 

 

貴乃花親方の実直さと弟子を思う気持ちは素晴らしいものがありますが

なんとも不器用さが表立っていることは否めません。

今後の貴乃花親方の人生をラクにしてあげるためにも

今回の引退という決断は正しかったかもしれませんね。

 

【関連記事】

貴闘力の息子(納谷)の部屋はどこで番付や成績は?年齢や身長も!【画像】 貴乃花親方が倒れた病名は何?脳梗塞?搬送先の秋田の病院はどこ? 貴乃花にブーメラン?付き人暴行の貴公俊のツイッター暴言内容とは? 日馬富士殺人未遂?貴ノ岩にアイスピックで脅した言葉「殺してやろうか」

 

 

貴乃花親方の目つき顔つきが変わったのは洗脳?

 

 

貴乃花親方の目つきや顔つきが

変だ、変わったといわれることが多くなってきたのは

やはりインタビューや会見などで露出が多くなってきたからに他なりません。

 

その理由はやはり協会と貴乃花親方とのつばぜり合いを

マスコミや民衆が楽しんでいたからのような気がします。

そんな最中に、さらにマスコミが嗅ぎつけたのが

『洗脳騒動』です。

 

約20年前。

貴乃花と兄の若乃花が、とある整体師のもとへ通っており

弟の貴乃花だけに余計なことを吹き込んだのではとの報道でした。

 

その整体師は厳しく口うるさくて兄の若乃花は途中で通うのをやめたのですが

貴乃花親方は残った。

 

途中でいなくなった若乃花に不満を持ち、整体師が貴乃花を洗脳させたとのこと。

また、その洗脳状態を肯定するように父の二子山親方も

「貴乃花は懇意にしている整体師から洗脳されている」

と発言してしまい洗脳騒動に発展。

 

 

現在の貴乃花親方の目つきや顔つきは

陰と陽が混在し、見ていて胸が少しざわつきますが

昔は終始穏やかな表情をされていたと記憶しています。

 

今回の退職という選択で

花田虎上(まさる)さんと遊んでいた

あの頃の幼い頃の笑顔が戻るといいですね。

 

 

 

 

貴乃花親方の目つき顔つきがおかしい|まとめ

 

19歳時の1991年5月場所での歴史的な大一番。

幕内4場所目で当時横綱であった千代の富士を初顔で破り、

千代の富士を引退に追い込んでから27年。

 

1993年に大関、1995年には 横綱に昇進。

1994年から1998年の間の全盛期の頃の貴乃花親方の勇姿が

目に浮かんできます。

少し、いやかなりさみしい思いで会見を聞かせていただきました。

今後も新しい情報をチェックしていきたいと思います。

 

今回はここまでになります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

【関連記事】

貴闘力の息子(納谷)の部屋はどこで番付や成績は?年齢や身長も!【画像】 貴乃花親方が倒れた病名は何?脳梗塞?搬送先の秋田の病院はどこ? 貴乃花にブーメラン?付き人暴行の貴公俊のツイッター暴言内容とは? 日馬富士殺人未遂?貴ノ岩にアイスピックで脅した言葉「殺してやろうか」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です