絢子さま晩さん会の引き出物の中身とブランドは?ドレスの秘話も話題!

 

どうもふじぴーです。

 

皇室のニュースは厳かかつ華やかで

ふじぴー大好きです^^

 

2018年10月29日にご結婚された

高円宮家の三女の絢子さま、守谷慧さん

おめでとうございます♪

 

 

2018年10月30日に行われた披露晩餐会でお召しになっていたイブニングドレス

とっても素敵でしたが

ドレスに込められた秘話があったのだとか。

 

また、晩餐会で渡された引き出物も話題となっていますが

どのような内容だったのでしょうか??

 

 

 

絢子さんの晩さん会での引き出物の中身は?

 

 

2018年10月30日の披露晩餐会にて

出席者に手渡された引き出物の中身は

陶器製のボンボニエール(砂糖菓子を入れる小箱)。

 

蓋の表側には

絢子さまのお印である(くず)』の花が描かれており

蓋の内側には、2人の門出を祝う意味を込めて

帆船の絵が描かれています。

 

報道では以上ですが

やはり、守谷慧さんのお勤め先である

海洋立国として発展を目指した近代日本の歴史を築いてきた

『日本郵船』からのイメージも盛り込まれているのではないかなと思いますが

どうでしょうか?^^;

 

ふじぴー

ちょっと無理があるか笑

 

『お印』とは?
日本の皇族が身の回りの品などに用いる徽章・シンボルマークのこと

 

 

 

 

 

絢子さん披露晩さん会の引き出物のブランド(メーカー)は『香蘭社』?

 

この皇室御用達のボンボニエール。

 

10月5日に結婚された

高円宮妃久子さまの次女典子さまと、出雲大杜神職の千家国麿さんの

結婚披露宴での引き出物でも

典子さんのお印の蘭、そして千家家の紋があしらわれた

陶製のボンボニエールが配られたそうですね。

 

画像引用元:他サイト

 

ボンボニエールは

皇室の慶事の際に配られる

お決まりのアイテムだそうです^^

 

 

作成されたメーカーやブランドについては明らかになっていませんが

上記の典子さまのボンボニエール、こちらが

江戸時代から続く有田焼の老舗 香蘭社』製であるとの

情報もあるようですので

 

もしかすると

絢子さまのボンボニエールも

『香蘭社』なのかもしれません。

 

 

 

10月31日放送の『ミヤネ屋』で特集されるようですので

そちらで詳しく明らかになるかもしれませんね!

ぜひチェックしたいと思います♪

 

 

 

通常、銀製のものが多いようですが

今回のお祝いの席では陶器製ということで

日本を代表する

世界最大級の高級陶磁器・砥石メーカー

ノリタケ製の可能性もある??

 

 

 

 

 

絢子さまの晩さん会(披露宴)でのドレス生地の秘話が泣ける!

 

2018年10月29日

高円宮家の三女・絢子さんと、守谷慧の晩さん会が

東京千代田区にある

広大で緑豊かな由緒ある日本庭園に囲まれた

ホテルニューオータニで行われました。

 

絢子さんが晩さん会で身につけていたドレスの生地。

この生地は、2015年にお亡くなりになった守谷慧さんのお母さま

守谷季美枝(きみえ)さんから、ご生前に

2014年に高円宮家に贈られた生地で仕上げられた

イブニングドレスなのだそうですよ♪

 

この生地、

NPO法人『国境なき子供たち』の専務理事として訪れていた

カンボジアにて織られたシルクだということです^^

 

2015年の7月4日に、出張中のカンボジアの

タイ王国市バンコク病院にて56歳で

残念ながら帰らぬ人になってしまいました。。。

 

そんな物語を含んだ生地で仕上げられたイブニングドレスに

身を包んでの晩餐会。

 

とっても感慨深いものがあります^^

 

 

 

 

絢子さまの披露晩さん会(披露宴)まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

お祝いムードでとっても幸せな気持ちになれた

ご結婚式、披露晩餐会でしたが

隠された秘話をもとに映像を見直すとなんだかホロリときますね。。

 

皇太子さまが仰ったように

ぜひ明るい家庭を築き

幸せな日々をお過ごしいただければと思います♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です