速見コーチの平手打ちで流血!頭痛の動画がまるでDV!親の反応は?

どうもふじぴーです。

 

宮川紗江選手のパワハラ問題。

意外な局面を迎えています!

なんと

速見佑斗コーチが平手打ちで流血・頭痛をさせるほどの

強烈な暴力動画が報道されました。

 

 

速見コーチ平手打ちで流血・頭痛の動画がまるでDV!

 

まずはこちらをご覧ください。

 

痛々しいにもほどがあります。

速見コーチの暴力により

ときには流血・頭痛を訴えていたときもあったのだとか!

 

報道によると

 

暴力行為について、5日謝罪した体操の速見佑斗コーチが、

実際に宮川紗江選手に暴力を振るう映像を、FNNが独自に入手した。

これは今から3年半ほど前、当時、宮川選手と速見コーチが所属していた、

埼玉県内の体操クラブの練習場で撮影されたもので、撮影したのは、

同じクラブに通っていた関係者。 この関係者によると、

こうした行為は頻繁に行われており、宮川選手は暴力行為後に流血したり、

頭痛を訴えていたこともあったという。

また、この関係者は、5日の速見コーチの会見について、

「一見、反省しているような態度をしているものの、

暴力に至った詳細を語らなかったことに誠意を感じられない」と述べている。

(記事引用元:FNN

 

https://www.youtube.com/watch?v=BejchXlIJRM&feature=player_embedded

 

これは、信頼関係だとか愛のムチだとかではなく

間違いなく単純に

速見コーチの感情により手が下されています。

態度を見れば一発で分かります。

 

動画撮影者・提供者が同じクラブに通うだれなのかは分かりませんが

この動画にて親がどう思うのか。

 

 

宮川紗江の両親の反応は?速見コーチに洗脳されている?

 

現在のところ、名前などが明らかになっていないご両親からの

反応・コメントはありません。

ふじぴーも子を持つ親として許すわけにはいきません。

 

塚原千恵子氏の

「家族でどうかしている」と言っていた言葉。

これが今になってどんな意味を成しているのか。

今まで考えたくなかった事実が甦ってきました。

 

以前より騒がれていた『洗脳』と『DV』です。

 

 

https://twitter.com/amenbo_2015/status/1037566299046436864

 

 

まるで夫婦間のDVかのように

暴力で心を支配され、洗脳されている可能性があります。

 

もし、このことをご両親は知っていて黙認していたとしたら

もしかしたら親からもこのように暴力がふるわれていたのではと

個人的には考えてしまいますね。

 

成長のためには

暴力はあり、だと判断しているということです。

 

 

指導者としてあるまじき重大な問題。

指導現場において、宮川選手を殴ったあと抱きしめる。

このハラスメントが頻繁に行われていたのにもかかわらず

宮川選手は「暴力をふるわれたとおもっていない」と擁護する。

これがDVや洗脳でなくてなんなのでしょう。

 

 

速見コーチ平手打ちでネットの声は

 

じつはふじぴー、権力をふるう塚原夫妻にも憤りを感じてはいましたが

心の弱そうな宮川選手の会見の模様や

必死さがうかがえる文面から察するに

もしかしたら暴力で洗脳されているのではとの懸念がありました。

 

しかし、世論は愛の鞭や塚原夫妻の言動や

ビジュアルなどに意識が集中してしまい

報道も偏りをもつようになったと思います。

 

 

 

 

 

https://twitter.com/mmiikk625/status/1037594894431268864

 

 

 

髪を引っぱったりお尻を蹴ったりレベルの暴力があったとは

聞いていましたが、実際にこのような

暴力がおこなわれていた現場をリアルに見ると

民衆の声も大きく傾いた様相です。

 

いままでどこか

スポ根的な、昭和的なイメージで

まぁ、しょうがないんじゃない?と言っていた方々も

これで目が覚めたことでしょう。

 

体罰はあってはならないんです。

自分がそう育ってきたから、なんて

何の説得力もないただのエゴです。

 

 

速見コーチが宮川紗江選に手平手打ち!まとめ

 

今回の暴力動画の報道。

このタイミングで出してきた理由もなにかきな臭いものがありますが。

暴力があったことを、速見コーチが否定した場合のための

協会のとっておきの隠し球だったのかもしれません。

もしくは、これらのことを明らかにする予定はなく

塚原夫婦が穏便に済ましてあげようと思っていたとか。。。

いやいや、妄想はこのくらいにしておいて。

 

とにかく、動画は動画で事実として

暴力が行われてきたゆるぎない事実の証明になりました。

 

これを機に『選手ファースト』という言葉の本当の使い方を

考え直して欲しいものですね。

 

以上、子を持つ親からの苦言でした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です