【ガキの使い】浜ちゃんが悪いの?ブラックフェイスはだれの企画?真相は

 

どうもふじぴーです。

2017年末の『ガキの使い』についての人種差別報道、なぜ番組や放送局からコメントや釈明がないのか。そして、あら探しは趣味じゃないが、浜ちゃんばっかり表に出てるので、なんか、かわいそうな気がしているのはふじぴーだけだろうか?

そして、問題発生から数日たったが、番組などからの釈明会見がないのは、日本人として恥ずかしいと思いませんか?

それこそ、ギャグじゃすまないんです。黙っているのは金じゃないんですこの場合。

 

【ガキの使い】なぜブラックフェイスが悪いのか

もう、いい悪い、知ってた知らないじゃない。

いい大人なら、それこそ、情報を武器にしている番組やプロデューサーなら、企画段階でしっかりジャッジできてなくてはいけないことだと思う。

2017年12月31日に放送された、ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!大晦日年越しスペシャル!『絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!』で放送した内容で、ダウンタウンの浜田雅功が顔を黒塗り、髪型をパーマのカツラをかぶり、ハリウッド俳優『エディマーフィ』のマネをしたことで、全米にとどまらず、世界中に波紋を広げることになった。

本人や番組からはエディマーフィをリスペクトする気持ちから生まれた企画との意見だが、今回、騒動を巻き起こすに至ったツイッターの発言者、アメリカ出身ので日本に13年在住『バイエ ・マクニール』氏が浜ちゃんのブラックフェイスについてこうツイート。

 

「ブラックフェイスで出演する日本の人へ。黒人であるというのは、オチや小道具じゃないんだよ。(略)でもお願いだから日本でブラックフェイスは止めて。カッコ悪いから」

 

「自分たちはそんなつもりじゃない」「悪気はない」なんて言い訳は、いじめっ子の戯れ言と一緒。

人の痛みが分からない人間が、世界中から多くの人間を呼び込む2020年東京オリンピックなんておこなっていいものか、日本国民の多くはそう考えているに違いないと思うし、そうあって欲しいと願っている。

 

 

 

【ガキの使い】浜ちゃんが悪いの?ブラックフェイス企画はだれ?

繰り返すけれど、事件後数日経っているにもかかわらず、この記事を書いた時点では、番組・放送局、事務所からの公式なコメントもなければ、釈明会見も無し。

なので、表だった、番組の1シーンだけが先走っている感がある。そしてそこには大きく浜ちゃん。後ろには馬鹿笑いする方正氏。ばつが悪いったらありゃしない。

そんな状態で、もう数日経過し、世界だけに止まらず日本国内にもバッシングの熱がピークに達しつつある状況だ。このままやり過ごすのも難しい状況になってきていることは間違いない。

しかし、この企画はだれが考えたのか、といった話も浮上しているが、しかしこの問題、すでにそんな小さな責任追及レベルではすまないことになっている。

浜田雅功氏、松本人志氏、構成作家、プロデューサー鈴木淳一氏など、いろいろな人物の面々表だって思い浮かぶが、「誰が悪い」として人柱を立てたとしても、世界や日本国内の怒りは毛頭収まらないだろう。

そんなことなんかよりも、早い対応。これだろう。

 

まとめ

ここまで騒動になったからには、何かの形で責任を表明するのが筋かも知れない。それも分かりやすく大げさに。

2020年東京のオリンピックを目前にした日本の立場として、国際問題に発展しつつあるこの騒動。まだ、比較的小さな火だねであるうちに早々に片づけるのが賢い、というのはふじぴーなんかよりももっともっと賢い人たちが考えてくれている事だろう。もしかしたら安倍総理とも話していたりしてタイミングを計っているのかも知れない。

争いごとや礼を欠くことが大嫌いな日本人。早急に、謝罪なり釈明なり、何らかの対応をして欲しいと、日本人全員が思っていると思うがどうだろうか。

 

その他のオススメ記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です