宮原知子の矯正前がブサイクすぎる?終わったかわいい衣装が話題!

 

どうもふじぴーです!

2018年9月15日、女子フィギュアスケート

宮原知子選手が新しいプログラムに挑戦した!

ってことで話題になっている

USインターナショナルクラシック2018の

SP(ショートプログラム)で『小雀に捧げる歌』で

67・53点を叩きだし見事首位発進を果たしております!!

 

新プログラムに伴い

あたらしいかわいい衣装も話題に!

また、ネットではブサイクなどと

わけのわからないデマが流れていますが

その真相に迫りたいと思います!

 

 

 

宮原知子のかわいい新プログラムの演技と衣装が話題!

 

宮原知子選手のご両親は医師で

4歳から7歳までの間、アメリカのヒューストンで暮らしていたので

アメリカという土地に慣れ親しんでいるのでしょうか

 

技術点:32.53

構成点:35.00

合計:67.53

 

という好成績で

見事USインターナショナルクラシック2018で

絶好の滑り出しを実現させましたね〜^^

 

○名前:宮原 知子

○生年月日:1998年3月26日(18歳)

○出身地:京都府

○血液型:B型

○身長:150㎝

○所属クラブ:関西大学

 

 

こちらが今回の新プログラムで演技した衣装になります!

 

 

スタート時はやっぱり緊張されているのでしょうか。

少し表情が硬いですね〜^^;

 

 

 

 

宮原知子の矯正前がブサイクすぎる?矯正後もかわいい!

 

ネットでは宮原知子選手が『ブサイク』だと揶揄する方がいるようですが

おそらくですが歯列矯正中の宮原知子選手の口元を言っているのでしょうか。

っということでしたらご心配なく!

矯正後もしっかりかわいい歯並びとなってかわいいお顔を拝見することができます^^

 

 

 

ご本人も口元に自信がついて

さらに笑顔が眩しくなってかわいいですよね!!

 

 

 

 

『小雀に捧げる歌』ってどんな歌?平昌五輪でもかわいかった♪

 

アベル・コジェニオウスキ作曲の小雀に捧げる歌で演技する宮原知子選手

とても伸びやかで優雅で力強く

宮原知子選手のいいところがいかんなく発揮されている!

 

こちらは平昌オリンピックの宮原知子選手の演技!

 

 

今回の演技に劣らず見事な表現力です♪

フィギュアスケート界に輝く大きな希望の光の一つです!

 

 

 

宮原知子かわいい衣装まとめ

 

寡黙なキャラで引っ込み思案なところが心配されている宮原知子選手ですが

そんなプレッシャーなど微塵も感じさせない見事な演技でした!

引き続きフリーの演技に注目があつまります!

がんばってください♪

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です