塚原千恵子が怖い!計画的録音の理由と内容とは?無断録音は犯罪?

どうもふじぴーです!

体操の宮川紗江選手と

塚原千恵子とのバトルに

新たな事実が発覚!

なんと、日本体操協会の塚原千恵子が宮川紗江選手との会話を

録音していたのだとか!

 

 

どんだけ怖いんだ。。。この方。。

パワハラしていない、とのことだが

それ自体がもうパワハラでは?w

 

この、保身に走るかのような行動。

ますます様相が怪しくなってきた!!

 

 

 

塚原千恵子が録音した理由とその内容とは?

記者の言葉の選び方にもよるが

計画的に録音したことを、まるで鬼の首を取ったかのように

誇らしげに語ったあたりは事実なのでは。

 

宮川は千恵子氏は終始高圧的だったとしたが

「そのように思わせてしまったのであれば私の態度に

問題があったかと考えており、大変申し訳なく思う」としたが、

今後、第三者委員会に宮川との会話の録音を提出すると記し

「録音内容をお聴き頂ければ、私が決して

高圧的ではないということはお分かり頂けると思っております」と自信を見せた。

 

しかしなぜ、塚原千恵子は録音したのか。

暴力を受けたことを自供させたかったのか。

 

現在のところ、この録音された内容は明らかになっていない。

しかし、内容よりも、この、『録音する』行為自体が

すでに怪しいといわざるを得ないのでは?

 

会話の主である2人とも、録音していることを知らなければ

録音内容に正当性、平等性があると思うが

一方だけ録音していることを知っていたなら

それは平等性に欠けると思うのだが。。。

 

 

 

 

塚原千恵子が怖い!無断録音は犯罪なのか?

今回録音されたと言われている報道。

これが、無断なのかどうかまでは分かっていないが

 

録音していることを宮川紗江選手が知っていれば

会話に臨まないと考えるし

宮川紗江選手が、フジテレビの番組『グッティー』出演の際に

「なんで録音があるのか分からない」 と話していたことから

おそらく無断で録音したものと思われる。

 

この、無断録音。

無断録音自体は、犯罪にはならないらしく

証拠能力もあるとのこと。

 

相手に無断で会話を録音するという行為は、

犯罪とはいえないまでも、人格権侵害として

損害賠償責任を負う場合があり得ることを示唆している

(記事引用元:はかた共同法律事務所ホームページ

 

そして、録音が

必ずも自分に有利に働くというわけでも無さそうだ。

 

自分にとって有利な証拠を集めようとするあまり、

相手に無断で会話を録音するということは、

同時にリスクも負っているといえます。

(記事引用元:はかた共同法律事務所ホームページ

 

今回、塚原千恵子が録音した行為。

果たしてどのような進展があるのだろうか。

ネットの声を参考にしてみたい。

 

 

塚原千恵子の(無断?)録音にネットの声は?

ネットでは『怖い』、『なぜ』といった内容が多く見られる。

なぜこんなコトをするのだろうか。

本当の目的とは?

 

 

 

 

 

 

 

塚原千恵子プロフィール

(引用元:デイリー

名前:塚原千恵子 (つかはら ちえこ)
旧姓:小田
生年月日:1947年8月12日
年齢:71歳
血液型:不明
出身地:長崎県
出身高校:長崎県立長崎西高等学校
最終学歴:日本体育大学
職業:日本体操協会強化本部長、朝日生命体操クラブ監督
所属:朝日生命体操クラブ

 

 

 

塚原千恵子が怖い!|まとめ

選手ファーストを掲げるスポーツ界において

今回の塚原千恵子の言動、行動がひどい。

 

今後の報道に注目が集まります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です