岩田稔投手の危険球退場は誤審?当たってない?ネットの反応は【動画】

どうもふじぴーでございます。

 

2018年8月19日の

神宮球場で行われたヤクルト×阪神戦。

阪神、岩田稔投手(34歳)の投げた球が危険球と見なされ

退場を宣告された。

この出来事で、休場はブーイングの嵐。

そしてネットでも騒然となった!

 

 

当たった?当たっていない?

危険球退場になるにはいったいどのような基準があるのか?

 

 

岩田稔投手の危険球は当たってない?危険球のルールは?【動画】

青木選手に放った一球。

それは間違いなく危険な球であることは間違いないだろう。

https://twitter.com/re_pa_/status/1031117433715666945

 

しかしこれが、退場に値する

『危険球』となるのかならないのか。

 

ルールでは、

『打者に投球が当たったか否かは問わず審判は自信の判断で

 投手(または投手と監督)を退場させることができる』

 

とのことで、

当たった、当たっていないで危険球と判断することはできない。

このあたりのニュアンス、線引きの理解不足が

多くの人に誤解をまねいているようで

ネットでは、様々な意見が飛び交った。

 

 

岩田稔投手の危険球退場にネットの反応は?

この意見の別れ方は単純に、

応援する球団の視点の違いによるものなのかもしれない。

https://twitter.com/28_u7/status/1031137549182328832

 

危険球の判断はこれからも意見が分かれることだろう。

 

選手生命、人の命がかかっているので

審判も人の子。

「おい!」と思えば危険球だし

「あぶね」ぐらいならただのボール。

 

人が裁く限り

このようなジャッジは無くならないように思うのは

ふじぴーだけだろうか。

 

 

岩田稔投手の危険球まとめ

個人的にはこの方の意見と同じ印象を持った。

えっ、このレベルで危険球退場になってしまうのか、と驚いた。

 

 

このように、明らかに危険球だと分かるものもあれば

今回のように、線引きが浸透していないため

応援する側からでは、判断がつかないケースもある。

 

しかし今回の岩田稔の一球。

キャッチャーの構える位置の

反対側に放たれたボールに

なにか『意図』があったようには感じられなかったが

現場での空気感や試合の流れ、

その前に何が起きていたかなどが

投手の放つ一球に、大きく印象が変わってくると思われるので

一概に決めつけず

主審の判断に任せるしかない、というのが現状なのだろう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です