ウィンブルドンで虫が多い理由と種類は何?正体は羽根アリ【画像】

どうも。テニス大好きふじぴーです。

 

テニス世界四大大会(グランドスラム)のひとつ

イギリスはロンドンのウィンブルドンで開催される

2018年ウィンブルドン選手権(全英オープン)が

7月2日(月)、満を持して開幕しました!

 

テニスのビッグな大会は?と言えば

ウィンブルドン選手権を真っ先に思い浮かべる方も少なくないかと思います。

 

みながこぞって白いウェアで参加している様子や

グリーンが美しいグラスコート(芝)が印象的ですよね。

 

そして!いつも気になるのが芝の上だけでなく

選手の周りをブンブン飛び回っているあの虫!w

あの虫、なんなんでしょうねw

 

ウィンブルドンで飛び回る虫の種類は何?大きさは?【動画・画像】

テレビなどで観ていると、選手の周りをふわふわと舞い

なんだかキラキラして幻想的なイメージに見えるのですが

じつはあの虫、なんと『羽根アリ』だったんです!

しかも、ボディはブラック!

クロアリの羽根アリということで

「ふじぴー、なにがキラキラ幻想的やねん!」っと

ツッコミが入るような少し怖いアリさんたちの集団行動^^;

 

 

羽根アリの体長は5mmから7mmほどあるらしく

試合中に目の前をちらついたり、目や口や鼻に入ったりしたら

気が散って試合どころではありませんよねw

 

 

 

錦織くんも羽根アリの被害者だった!

2017年のウィンブルドン選手権でもコート上に大量発生!

錦織圭選手も羽根アリ被害に遭った被害者のひとり。

試合中、サーブを打つ際に、ラケットではらっている姿が

よく見られていたそうです。

また、

「ラリー中に虫が顔に当たってきたり、試合後もバッグに10匹くらい入っていた。
相手より苦労しました」

 

このようにコメントしているとおり

顔面にぶつかってくるなどもして

対戦相手、ボールに集中できない場面もあったようですね。。。><;

 

こんなふうに間違いなく選手のジャマをしていると思うのですが

なにか対策しないものなのでしょうかねw

 

なぜウィンブルドンでは羽根アリが飛び回る?原因・理由は?

画像引用元:https://jp.reuters.com

ウィンブルドン選手権って選手の皆さん、とても暑そうですよね。

その暑さも羽根アリが飛び回る原因・理由の1つのようです。

 

羽根アリ(クロアリの羽根アリ)が飛び回るのは、ウィンブルドンに限った話ではなく

日本のグラスコート(芝)もご多分にもれず羽根アリ被害の話がちらほら。

 

羽根アリは春から夏の間の繁殖期(種類により異なる)の

天気が良く、気温が高い日に結婚飛行、

別名『フライング・アンド・デート』という『集団交尾が行われるようで。

で、

まさにこの、暑いウィンブルドン選手権開催の時期ピッタリに

多くの羽根アリ(オスのアリ)が、女王アリを求め

一斉に飛び回っているというわけですw

 

 

 

ウィンブルドンのあの飛び回る虫の正体は何?w まとめ

2018年ウィンブルドン選手権が始まりましたが

英国出身のマレーはおしりが痛いのを理由に棄権、ということで

英国国民は寂しんでいるでしょうね〜。。

 

昨年2017年の王者ロジャー・フェデラーと同国であり

親友のスタン・ワウリンカが復活し帰ってきたり

フェデラー選手がユニクロと契約したりと

なにかと話題が多い今大会。

1回戦でいきなり

ランキング下げて復活したワウリンカに当たってしまったディミトロフには

ドローの不運にお悔やみを申し上げるしかありませんがw

 

杉田、錦織、大坂なおみなどなど日本選手も実力をつけてきているので

今年も楽しい、手に汗握るいい大会になるでしょう!

 

2018年ウィンブルドン選手権の生放送は

WOWOWだけみたいですね^^

ふじぴー家ではテニスのためだけに

WOWOWに加入しているようなものですがwww

 

 

でもたまにすっごく観たかった映画がアッサリ放送したりするんですよね!

そんなときのおトク感といったら♪

 

サッカー2018ロシアワールドカップが終わってホッとしたのもつかの間

深夜の放送で睡眠不足と闘いながら楽しみにしていきましょう!!w

 

フェデラーのユニクロ契約金はいくら?ウィンブルドン着用【画像】

2018.07.02

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です