ピンクレディー衣装デザイナーのザルディ・ゴコとは?EXILEの衣装も!

 

どうもふじぴーです。

8時ダヨ!全員集合で

劇間のアイドルタイムが大好きでした^^

 

 

2018年2月12日放送の4時間スペシャル

『歌のゴールデンヒット 青春のアイドル50年間』。

ピンク・レディーのお二人が特集で密着されるそうですね〜♪

おっさんふじぴー、特集がめっちゃたのしみ^^

 

 

ピンク・レディーが再加熱した2017年のレコ大

2017年末、39年ぶりの出演で話題となった

『第59回輝く!日本レコード大賞』に出演し

6年ぶりの再稼動となったピンク・レディー。

 

しかし、なぜ今?

 

こんな表舞台に出るきっかけとなったのは

ピンク・レディー2人の生みの親

作詞家の阿久悠さんに感謝の意を示すためだったとか。

 

2017年は、阿久悠さんがお亡くなりになって10年。

そして、作詞家50年の節目の年。

阿久さんの特別賞受賞をたたえ、出演されました。

 

「先生がこのステージをプレゼントしてくれたと思う。

 届くように歌いたい」

と、感謝の言葉を述べ

往年の名曲『ペッパー警部』『ウォンテッド(指名手配)』

『UFO』をメドレーで披露。

 

普段からの鍛錬、活動の表れなのか。

長年の時間を経ても、歌唱力、魅力

オーラに衰えをみせなかった。

また、美しさにも磨きをかけていたと思え

かわいさが、当時のままでした。。かわいかったですね^^

 

 

阿久悠さんへの感謝の気持ち、そして

日頃からの練習の積み重ね。

 

そんな、授かったアイドルというポジションに

真摯に向き合ってきたピンク・レディーに

さらに追い風をもたらしたのが

ピンク・レディーの衣装ではないでしょうか^^

 

 

ピンク・レディーが再加熱した2つの理由とは

そのピンク・レディー復活のカギとなった

『第59回輝く!日本レコード大賞』。

その輝かしい復活劇に花を添えるように

衣装デザインで大きく貢献したのが

世界的有名デザイナー『ザルディ・ゴコ』氏。

 

『歌のゴールデンヒット 青春のアイドル50年間』では

そのザルディとの衣装合わせの様子がうかがえる。

さてその世界的有名なデザイナー

ザルディ・ゴコとは一体。。?

 

ピンクレディーの衣装デザイナー、ザルディ・ゴコとは

2017年12月30日に放送された

『第59回 輝く!日本レコード大賞』に出演した

ピンク・レディーの衣装を手がけたのが

世界的有名デザイナーと呼ばれる『ザルディ・ゴコ』。

https://www.youtube.com/watch?v=U0TBR18DAw8

 

その他、ザルディが作品を提供している

アーティストが軒並みすごいですね。。。

 

ザルディは

ビヨンセ、ブリトニー・スピアーズ、レディ・ガガなど

世界の名だたるトップアーティストにデザインを提供する

有名デザイナー。

 

レディーガガの『MONSTER BALL』ツアーの衣装の過激さは

他のアーティストのそれとは比じゃないです。。

どんな思考回路なのでしょうか。。

その他『MONSTER BALL』ツアーでの衣装はこちらに。

 

2015年の映画『マッド・ナース』の

衣装デザインも話題になりましたが

決定的に名前が知れ渡ったのが

マイケルジャクソンの『THIS IS IT!』ツアーではないかと

言われていますね。

 

マイケルジャクソンの衣装も手がけていた

マイケルジャクソンのファンのみならず

世界中で話題となった不完全ツアー

『THIS IS IT!』の衣装をめぐっての報道が

話題になりまくっていた。

 

また

契約問題などでデザイン土俵場外での

乱闘騒ぎも話題となっていましたけど。。^^;

 

 

『THIS IS IT!』は不完全に終わり残念でしたが

スワロフスキーのクリスタルがあしらわれていた衣装は

ザルディはマイケルの死、2週間前に

「これこそが僕が欲しかったすべてだよ」と述べていたほど

その衣装について絶賛していたそうですね。

 

衣装デザインは、自他共に認める

クリエイティブと昇華されていたようで

デザイナー、ザルディはもちろん

マイケルの元マネージャー、クリストファー・デマーズも絶賛。

「ザルディとは25年来の知り合い。

 彼は世界でも最も才能のある中の1人だ」

と述べていらっしゃいました。

 

マイケルジャクソンのツアー

『THIS IS IT!』が観られなかったことに対して

さらに残念度が上がるエピソードですね。。

 

 

ザルディはEXILE(エグザイル)の衣装も手がけていた

ザルディは、数々の世界に名だたるアーティストの

衣装を手がけてきたわけですが

ピンク・レディーの衣装を担当する前に

我が国日本のアーティストの衣装を手がけていたんですね。

それが

EXILEのPV『オール・ナイト・ロング』の衣装デザイン。

 

 

このPV、話題となっていましたね。

ふじぴーも観ていてどんだけ金かかってんだ、と(笑)

終始かっこいい映像のテクスチャ具合もステキでした^^

 

 

ピンク・レディー衣装デザインまとめ

『歌のゴールデンヒット 青春のアイドル50年間』。

懐かしさに浸れる4時間。

なぜこの二人が、時を経ても注目を集める

アイコンでありつづけているのか。

小学生の頃に熱くなっていた

アイドルの方たちのすごさを

改めて魅せつけられました。

 

懐かしくて暖かくて

楽しい思い出♪

 

今のAKB、欅坂、乃木坂ファンも

いつかこういう時がくるのでしょうかね〜^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です