さくらももこは乳がんが死因で激やせ?ステージは?闘病生活はいつから?

どうもふじぴーです。

また大切な人がお亡くなりになりました。

 

多くの人を楽しませてきた

あの『ちびまる子ちゃん』の産みの親

さくらももこさんが8月15日に他界されたと

8月27日の報道により、日本全国に衝撃が走りました。

 

 

さくらももこさんの死因は乳がん。闘病生活とステージは?

きついです。。この報道は。。

まだ53歳という若さでお亡くなりになるとは。

 

○名前:さくらももこ(旧姓:三浦)

○生年月日: 1965年5月8日

○死没:2018年8月15日(53歳没)

○出身地:静岡県静岡市清水区

○血液型:A型

○身長:159cm

○活動期間:1984年 〜2018年

 

さくらももこさんの死因は乳がん。

ステージがどれほどだったのか、病状、闘病生活期間など

詳細な情報は発表されていません。

 

一部の情報では、ステージは4の末期がんで

他の臓器に転移していたのではと言われています。

 

乳がんは

30歳から64歳女性の

死亡率1位の死亡原因と言われています。

年に9万人近い方が乳がんと診断されるそうです。

年々増えてきているそうですね。

 

早い段階で発見されれば

10年生存率は9割以上を超えるそうです。

 

 

さくらももこさんのお通夜、告別式はいつ?

お通夜、告別式はすでに

ご遺族の意向で親族・近親者のみで

執り行われたそうですね。

 

1989年の25歳の時に 集英社『りぼん』編集者の

宮永正隆さんと結婚。

1994年に出産された長男の陽一郎さんが

喪主となっていた可能性もありますね。

 

 

闘病はいつから?さくらももこさんも激やせしていた?

(引用元:YOMIURI ONLINE

お亡くなりになったこともですが

闘病生活に関しても隠されていたようですね。

明らかになっている情報がみあたりませんが

小説家の吉本ばななさんは闘病生活を知っていらっしゃったとか。

闘病中でもメールを送ってくれていたとのことで

回復されることを信じていたそうです。

(吉本ばななさんからの追悼のコメントはのちほど)

 

闘病中にも関わらず精力的に

漫画制作を最後まで続けていらっしゃったということで

ネットでは激やせしてまで描いていたのではという言葉も。

 

亡くなる直前の顔を見るとこんなに激やせしてまで

漫画を描いていたのかと驚きと同時に感銘を受けました

その画像みたいに痩せた体でもマンガを描いて、病気ですごく苦しかったと思います

 

そのお亡くなりになる前のお顔のお写真、

存在するのかどうか不明ですがみつけることはできませんでした。

2018年1月には元フジテレビアナウンサーの

有賀さつきさん(享年52歳)も乳がんで

外科手術が難しく、抗がん剤治療をされていたとされていますが

周囲にがんを明かしていませんでしたね。

食欲がなく点滴を受ける生活をされていて

激やせが話題となっており闘病生活なのでは、と

ささやかれていました。

 

心配をかけたくない一心からなのでしょうか。それとも

プロ意識からなのでしょうか。

 

さくらももこさんも

もし、つらい身体を引きずって

創作活動をされていたのかと思うと胸が苦しくなります…。

 

 

 

 

さくらももこさん他界でアニメ(TV)ちびまる子ちゃんは継続?

報道によると、ちびまる子ちゃんは

通常通り継続するそうです。

 

フジテレビは1990年にスタートした

アニメ「ちびまる子ちゃん」(日曜後6・00)の放送を

今後も変わらず続けると発表した。

 

また、番組スタッフからは

「大好きな、大好きな、さくらももこ先生が天国に旅立ってしまいました。もっとさくらももこ先生と一緒に新しい物語やおもしろい展開を考えていきたいと思っておりましたが、あまりにも早い旅立ちでスタッフ一同、心から悲しく思っております。

〜中略〜

アニメ『ちびまる子ちゃん』は番組開始から早29年経ちます。中には番組開始当初からご一緒させていただいているスタッフ・キャストもおります。日々の制作の中で笑ったり、泣いたり、とても楽しく取り組んでこられたのは、さくら先生が見守ってくださっていたからだと思います。これからも私たちスタッフ・キャスト一同で、さくら先生が天国で見守ってくださることを感じながら、おもしろい『ちびまる子ちゃん』を制作していきたいと思います」

 

とのこと。

 

私たちファンも心から継続を望んでいたので

本当に安心です^^

 

コジコジ名言集がシュールで哲学的!意味は?漫画の画像から解釈!

 

 

さくらももこの『ちびしかくちゃん』は継続?

直近では、グランドジャンプで連載していた

『ちびしかくちゃん』を3回つづけて

休載されていたようですね。

今後についての発表はありませんが

クレヨンしんちゃんの作者臼井儀人さんが

お亡くなりになったときのように

元製作メンバーで、クレヨンしんちゃんを再開したことがありました。

 

フジテレビがちびまる子ちゃんの継続を打ち出したように

ちびしかくちゃんも継続、となるといいですね^^

 

 

さくらももこさん他界でちびまる子ちゃん映画は継続?

今回の悲しい報道を受けて番組(テレビ)に関しては継続を表明されましたが

映画に関しては現在のところ発表はありません。

続いてくれるといいなぁ。。。

 

 

さくらももこさんの卦報に芸能界・各界からの声まとめ

実際にさくらももこさんと関わり合っていた

各界、著名人から多くの声が届いています。

 

 

リボン編集部さん

さくらももこ先生の突然のご訃報に際し、心よりお悔やみを申し上げると共にご冥福をお祈りいたします。

「りぼん」1986年8月号より連載開始した「ちびまる子ちゃん」は、たぐいまれなギャグセンスと、親近感あふれる登場人物、そして彼らへ注がれる眼差しの温かさが魅力で、瞬く間に一雑誌の枠を越える大人気作品となりました。その誕生の舞台となったことは、編集部の大きな喜びです。

このたびの早すぎるご逝去を惜しむ気持ちに終わりはありませんが、まるちゃんとその仲間たちの明るい笑顔は、子供から大人まで、読者の皆様の心の中で、いつまでも変わることなく輝き続けます。

さくらももこ先生、ありがとうございました。

 

声優のTARAKOさん

『ご冥福を』とか言えないです。ただただ、頭の中がぐちゃぐちゃです、はい。病気だったこととか、本当に何も知らなくてごめんなさいしかないです、ごめんなさい。早すぎます。
まだまだやりたいこといっぱい、いっぱいあったと思います。ずっとお会いしてなかったので、私の中のももこ先生は、ずっと小さくて可愛くてまあるい笑顔のままです。今はただ、先生の分身でもある小学三年生の子に、嘘のない命を吹き込み続けることしかできないです。
ももこ先生へ
私がそっちにいったら似たような声でいっぱいいっぱいお喋りしてくださいね。そちらで楽しいこといっぱいいっぱいして下さいね。優子ちゃんに会ったらよろしくです。ももこ先生は「ありがとう」しかない恩人です。

 

映画挿入歌の歌手大原櫻子さん

2015年の映画『ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』で

挿入歌を歌われた大原櫻子さんからのコメントは

さくら先生の作品は、幼い頃から大好きでした。小学校で学んだ百人一首は、可愛いちびまる子ちゃんが解説してくれてる本で、覚えられました。大人になり、仕事でまさか関われるとは思っていませんでした。

『キミを忘れないよ』の作詞を初めて読んだときは、涙がホロッと出てきました。この曲を歌えるんだと嬉しく思っていました。名曲「おどるポンポコリン」を歌わせて頂いたり、オリジナルの絵をいただいたり…たくさんの素敵な作品を下さいました。感謝の言葉をいつかいつかと思っておりました。今はなんとも胸が痛いです。ご冥福をお祈り致します

 

木村カエラさん

さくらせんせい。。。。悲しくて、さみしくて、涙が止まりません。。。。

自身の絵本に寄せた、さくらさんの帯コメントを紹介するとともに「本当に大好きです。優しさをありがとう。本当にありがとうございますと、大好きですと伝えたいです。さくら先生の作品はずっとずっと私の宝物です

 

吉本ばななさん

なんとここで驚きの発言です。

吉本ばななさんは、さくらももこさんの闘病生活を知っていらっしゃったとか。

青春を共に過ごしたももちゃん、闘病は知っていましたが、いつも元気にメールをくれるから回復を信じていました。言いがたいほど淋しく、残念です。友だちとして、たくさんの楽しい思い出をありがとう。私たちの時代に、まるちゃんコジコジをもたらしてくれて、ほんとうにありがとう(引用元:産経新聞)

 

ゴールデンボンバーさん

歌広場淳

さくら先生、ゴールデンボンバーのことを好きだとおっしゃってくださいましたね。僕たちもさくら先生と先生の描く世界が好きでした。学生時代に先生のエッセイを沢山読みました。先生、早すぎます

 

喜矢武豊

さくらももこ先生、こんなに若くして亡くなられるなんて…。小さい頃から今も日常としてお世話になっているちびまる子ちゃん。さくら先生のおかげでアニメのオープニングをやらせていただいて、本編にも出演させていただいて、今も大変嬉しく、誇らしく思っています。心よりご冥福をお祈り致します

 

亀田誠治さん

さくらももこさんと僕は同じ時代の空気を吸っていたのだと思います。映画ちびまる子ちゃんの主題歌を作曲した時、ももこさんからいただいた柔らかな手書きの原稿用紙の歌詞には、すでにそこにメロディーが流れているようでした。ももこさん、たくさんの夢と希望と笑いをありがとう。どうか安らかに(引用元:Twitter)

 

坂本冬美さん

さくらももこさんに頂いた「花はただ咲く」をレコーディングした時に、さくらさんのコーラスパートで、緊張をほぐすために一升瓶を持ち込んで、カラオケ気分でワイワイ録音したのが楽しい思い出です。あの笑顔をいつまでも忘れません。心からのご冥福をお祈りいたします。(引用元:日刊スポーツ

 

渡辺満里奈さん

さくらももこ先生…あまりに突然の訃報にショックで言葉が見つかりませんでした

『ちびまる子ちゃん』の主題歌を歌わせていただいた時のレコーディングで、(作曲の)大瀧詠一さんと音楽談義をしてらした先生の笑顔を今でも思い出します。心よりご冥福をお祈りいたします。淋しい…

 

賀来千香子さん

エッセイにも度々登場する賀来千香子さんとは親交が深かったそうですね。

人を楽しませることが大好きで、私たちが笑っていると、いつもうれしそうにしていたさくらさんの笑顔が忘れられません。心から残念です。まる子ちゃんとさくらさんの笑顔は永遠です

 

ちばてつやさん

同じ漫画家仲間であり漫画界の巨匠ちばてつやさんからも追悼の言葉がありました。

漫画だけじゃなくて、エッセーもイラストも素晴らしかった。これからも、もっと活躍できたのに。日本の漫画界にとって大きな損失だ。本当にもったいない。残念だ

 

 

 

さくらももこさんの卦報にネットの声は

https://twitter.com/nekosen_saki01/status/1034052323037696002

https://twitter.com/nekosen_saki01/status/1034082355261001728

 

エッセイスト、作詞家としても人気だったさくらももこさんが

紡ぎ出す言葉たち。

やわらかくも、力強く心に残ります。

 

本当に残念でなりません。。

 

コジコジ名言集がシュールで哲学的!意味は?漫画の画像から解釈!

 

さくらももこさん卦報|あとがき

急な報道に、ただただ唖然とするばかり。

男子ながら、りぼんを読んでいたこともあります^^

 

2016年の5月、アニメちびまる子ちゃんの

お姉ちゃんの声の水谷優子さん(享年51歳)が

同じ乳がんでお亡くなりになった時に

さくらももこさんは、コメントされていましたね。

同じ病気でどんな気持ちを抱いていらっしゃったのか。。。

 

闘病生活も明らかにされず

闘いながら漫画制作を続けられていたと思うと

あのとき観ていたちびまる子ちゃんは。。。

ご冥福をお祈り致します。

楽しい時間、感動をありがとうございました。

どうぞ、やすらかに。

 

 

 

 

コジコジ名言集がシュールで哲学的!意味は?漫画の画像から解釈!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です