又吉イエスの死因とは?最後のポスターが話題!引退理由は資金源?

 

どうもふじぴーです。

2018年の夏、猛暑が続く中

話題の方の卦報が!

 

2018年6月30日に政界を引退され

話題になった矢先の7月。

なんと、唯一神、又吉イエスさんが

7月20日にお亡くなりになったと

世界経済共同体党が発表されましたね。。

 

あの目力!あのキャラクター!

この衝撃は計り知れません。。

 

享年74歳。

健康面が危惧され政治活動・選挙活動を引退されていましたが

その後、体調は好転しなかったんですね。。

非常に残念です。。

 

 

又吉イエスとは?本名は?

又吉イエスさんの本名は又吉 光雄(またよし みつお)。

1944年2月5日生まれで世界経済共同体党代表を務めていました。

 

 自らを、唯一神又吉光雄・イエス・キリスト

(ゆいつしん・またよし みつお・イエス・キリスト)と名乗り

政治活動をされていましたが、2018年6月30日、

健康面がすぐれないことから引退を発表されていました。

 

又吉イエスさんは1968年に中央大学商学部を卒業後、

東京の商社、設計事務所にお務めになっていて、その後

沖縄に帰り、自動車販売店、学習塾経営、教会牧師などを務めていたそうです。

その後1998年の参院選で国政に初挑戦することになりますが。

 

選挙公報や選挙ポスターなどで

「又吉イエスは唯一神である」などと謳ったり

「対立候補は腹を切って死ぬべきである」などの過激な発言などから

2ちゃんねるなどで爆発的話題を集めました。

 

そのポスターも今までに無い斬新なインパクトを放っていましたね!

 

 

又吉イエス話題のポスターとは?最後のポスター【画像】

選挙の時期になると、街角で貼られているいつも見かける選挙ポスター。

とても爽やかな印象を私たちにアピールしまくっているのですが

又吉イエスさんのポスターはひと味違います。

などなど過激な言葉の羅列で

街ゆく人を困惑させるものに仕上がっています!!

 

また、このデザインをパロディ化したポスターを

皆がこぞって作り遊んでいたことから

又吉イエスさんの選挙ポスターが大きな波紋を広げていたようです。

 

 

 

一見、何でもありのようですが

なかなかセンスを問われるデリケートなデザインですw

ちょっと、なるほど!と膝をうちたくもなります、が!

人を傷つけるような言葉は使ってはいけませんから!

 

そんな又吉イエスさんの最後のポスターと言われているのがこちら。

最後の最後までブレのないデザインです!

が、いつもの過激なキーワード『腹を切って〜』が消されていますね!

いつも、言葉という武器を片手に戦い続けていらっしゃったようですが

最後は選挙選の準備が間に合わなかったようで

今回、降ってわいたよな選挙でしょ?(衆院解散の)噂が出て、選挙まで1か月ぐらいですよ!

その中で選挙するというのは無理な話。

そうすると、時間がないですね。早々とポスターを『出来ていますか?どんな状況ですか?』ということで

印刷会社がやって来ました。ところが、誰が立候補するか分からない。

それじゃあ、参院選までの対立候補に対する責任追及はできないですよ!」

 

と、

いつもの切れ味するどい切っ先が丸くなったわけではなく

責任追及するまでの時間が足りなかっただけのようですw

 

又吉イエスの死因はガン?原因は?

又吉イエスさんは、左腎がんのためお亡くなりになられたと報道があったが

政治活動引退の時にはまだ分かっていなかったのか?

この左腎がん、腫瘍が小さい初期段階では症状はないそうで

発見されにくいがんのひとつと言われているようです。

 

左腎がんになる原因として2つほど言われていて

1つは『たばこ』。もう一つは『肥満』だそうです。

 

たばこに関しては、街頭演説中に歩きタバコをする方がいたら

演説を止めてまで注意するという徹底ぶり。

又吉イエスさんがタバコを吸っているとは思えません。

 

もうひとつの『肥満』に関しても、見ただけで分かりますよね。

細っそい!もっそい細っそい!

 

ん〜、病気ってほんと分からないものですね。。。

原因なんてそもそもなにが発端なのか。

 

 

又吉イエスの引退理由は資金源がなくなったから?

以前、

「今回で選挙資金は底をつきました。是が非でも当選しないといけない」と

落選したときに語られた内容により、引退説が流れた時に

資金源が枯渇したのが理由かのように話題になりましたね。

 

又吉イエスさんはその時、

「さらに別の(売却できる)土地を所有しており、今後も出馬をする」と

引退説を否定する声明を発表していたので引退の理由とは関係ないみたい。

 

又吉イエスさんの資金源が度々話題となっていたが

その資金源とは『軍用地地代』とされています。

 

選挙活動費の一部として、宜野湾市の普天間基地内に所有していた

軍用地の地代収入から拠出していたということらしく

その額、年400万円ほど。

 

ではなぜそんなに資金源である『軍用地地代』が

そんなにも話題になったのかはハッキリしていませんが

以前、

「基地の地主はみんな年収何千万円」と

作家の百田尚樹さんが語るなど

沖縄基地の地権者利権についての憶測、謎、闇。

これらが表面化してきたことも

又吉イエスさんの資金源が話題になった理由のひとつかもしれませんね。

 

又吉イエスさんの嫁(妻)は誰?

上の写真は調べていると出てくる

まるで夫婦のようなシチュエーションのお写真です。

 

ネットで人気がでて、ボランティアが集まるまで

沖縄時代は夫婦2人だけで選挙活動をされていたといわれている

又吉イエスさんの奥さんのお名前やお顔はわかりませんが

ポスターの掲示責任者としていつも

「又吉正子」さんという名前が記載されていますが

この方が奥様なのでしょうかね。

 

分かり次第、追記して行きたい思います。

 

 

 

又吉イエスまとめ

2018年7月20日にお亡くなりになられた又吉イエスさん。

元気な姿でまたテレビなどを賑わせてくれるものと思っていましたが

非常に残念です。

 

ポスターの文言などから過激なキャラクターを想像してしまいますが

実は会って話してみると、

とても優しい方だったという話が散見されます。

 

 

享年74歳。平成最後の年に天に召されることになってしまいました。

心よりご冥福をお祈りいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です