樹木希林の死因は全身がん!ステージは?いつから闘病していた?

 

どうもふじぴーです。

2018年9月15日、名女優の

樹木希林さんがお亡くなりになりました。

享年75歳。

午前2時45分、東京都渋谷区の自宅で

息をひきとられました。

 

樹木希林の死因|全身がんのステージは?

 

1943年1月15生まれ。

本名は内田 啓子(うちだ けいこ)。旧姓は中谷(なかたに)

2018年9月15日にお亡くなりになりました。

 

がん体質であることを公表されていましたが

全身に転移したがんと闘っていた樹木希林さんの

がんのステージは2013年に告知された最高の『Ⅳ(4)』。

 

 

 

がんは進行度に応じて基本的にレベルの低い『I』から

最高の『IV』の

4つのステージに分類されます。

全身への遠隔転移が認められているのなら

『ステージⅣ(M1)』の可能性があります。

※Mは遠隔転移ありを指します。

 

十数年に及ぶ

がんとの闘病生活をすごした樹木希林さん。

がんとの闘病をはじめたのは2004年だと言われています。

 

 

樹木希林の全身がん|いつから闘病していた?

 

最初にがんが見つかったのは病院ではなく

自らの触診だったそうです。

 

2004年6月に、自分で胸を触診した際に

「乳がんだろうな」と直感されたそうです。

 

翌年の2005年に、右乳房の全摘出手術。

一度は完治されたと報道がありましたが

2008年には、腸、副腎、脊椎に転移していて

その後全身に転移。

 

 

「がんがありがたい」。

そんな言葉を用いながら

2014年には人生観や死生観に変化があったと

お話になっていたそうですね。

 

「がんが見つかってもおっかなびっくりしない。出ればつぶせばいい。がんには必ず要因がある。生活習慣も見つめ直す。簡単に治らないからこそ、自分に客観的になれ、生き方がつましくなった」

 

がんに感謝。経験してなければろくに『死』にも向き合わず、内田(裕也)さんのこともちゃんと理解しようと思わなかった

 

そんな精神面での充実を感じながら樹木希林さんは

抗癌剤治療や手術は一切受けることはやめて

温熱療法や四次元ピンポイント照射治療など

体への負担が少ないと言われている放射線療法で

治療をおこなっていたそうです。

全身がんでステージⅣの告知後の

5年という月日。

生きながらえられるからといって

良いことばかりではないはず。

苦しさとも闘わなければならない。

 

樹木希林さんの闘病時間との向き合い方、姿勢に

命というものを改めて考えさせられました。

 

 

 

樹木希林さん全身がん|まとめ

 

「独学でがんを猛勉強した」とお話しになっていた

樹木希林さん。

がんと闘っていた、というよりも

「長期的にがん細胞と共存できているんだと思います」

とお話しになっていたところからも

がんと冷静に向き合っていたようにも思えます。

 

75年の人生に幕を下ろした

樹木希林さんのご冥福を祈ります。

 

樹木希林さんプロフィール

名前:樹木希林(きき きりん)

本名: 内田啓子(うちだ けいこ)

別名義: 悠木千帆(ゆうき ちほ)

生年月日:1943年1月15日

年齢:75歳(故)(2018年の現在)

出身地:東京都千代田

血液型:A型 身長:159cm

体重:40kg前半台(推定)

星座:やぎ座

職業:女優 デビュー:1961年~

所属:文学座(1961年~1966年に退団)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です