歌丸師匠の死因はヘビースモーカーが原因?1日のタバコ本数は何本?

 

どうもふじぴーです。

2018年7月2日、桂歌丸師匠が死去されてしまった、と

悲しいニュースが入ってきました。

小学生の頃から長年、笑点で楽しませていただいていただけに

これほど衝撃的なニュースはここ最近では見当たりません。。

 

 

急逝…桂歌丸師匠の死因は肺炎

2008年あたりから入退院をくりかえすなど

歌丸師匠の体調が崩れるという報道がある度

ドキドキしておりました。おりましたが

長年、キレの良い大喜利や、司会を観ていたので

未だに、「あんなにも元気だった歌丸師匠が…」という印象が大きく

円楽さんとの掛け合いを思い出すだけで目頭が熱くなります。。。

 

発表されている歌丸師匠の死因は『肺炎』。

詳しくは『慢性閉塞性肺疾患』という病名で

歌丸師匠が長年患ってきた病気です。

 

この『慢性閉塞性肺疾患』、別名COPDと呼ばれている病気。

じつはタバコを好み、肺の機能に低下がみられる方に多いらしく

二酸化炭素の排出、血液中に酸素を行き渡らせることが困難になり

酸素の欠乏などの症状が現れるのだとか。

 

歌丸師匠の愛煙家っぷりは業界内外でも有名な話。

でも、確か禁煙していたはずでしたよね??

 

 

50年愛煙家の桂歌丸師匠死去の原因はヘビースモーカーか?

引用元:http://www.iza.ne.jp

COPDは『陸にいながら溺れる程の苦しみ』をともなうといわれているほど

とても苦しい病気なのだとか。。。!

 

2009年2月初旬に、桂歌丸師匠が72歳の時、上記病気で入院した歳に

「たばこはもうやめました。あんな苦しい思いをするんだったら、もう吸わない方がいい」

と宣言し禁煙をスタート。

近年では禁煙を徹底されていたらしいので

少し安心してはいたのですが

長年の愛煙と、ご年齢から肺の機能の改善が芳しくなかったのかもしれませんね。。><;

 

芸能界にも愛煙家の方が多いようですが

50年以上愛煙家だったと言われている桂歌丸師匠、1日に何本吸っていたのでしょう??

 

 

桂歌丸師匠が1日に吸っていたタバコの本数にビックリ!

2009年2月にご入院なさった際に

桂歌丸師匠ご本人が仰っていた、1日のタバコの本数。

何本だと思いますか?

 

「前から肺が丈夫でなかった。気をつけてはいたが、たばこを吸うもので。

 一番吸っていた頃は60〜70本。意思が強いもんで、みんながやめても私だけはたばこをやめなかったんですが…」

 

。。。!

なんと、1日60〜70本。。。

 

2001年の6月に不整脈で病院に運ばれた

徳光和夫さんも1日に60本以上タバコを嗜まれていたとか。。

う〜ん。。。

タバコと健康の関係性には、いろいろな考え方

諸説があるようですが、どうでしょう。

一概には言えませんが『吸わないにこしたことはない』と

いえるのかもしれませんね。。

 

 

 

桂歌丸師匠死因まとめ

なんだか最近、ふじぴーもいい歳になってきて、長年テレビや銀幕で見続けてきた

歴代の俳優や有名人のご年配の方々が亡くなられる報道に

胸が痛む日々が続いています。

今回の桂歌丸師匠死去の報道にも心臓がバクバクっとなりました。

(ふじぴーは心臓が弱くてドキドキが。。)

健康とストレスの関係性も難しいものがありますが

今回の悲しい報道によって

少しでもタバコによる健康被害が減るといいなぁと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です