ラブカのエラがキモい・気持ち悪いと話題!食べれるけど味は?|画像

 

どうもふじぴーです。

お魚大好きです!

 

2018年1月28日放送の

日曜バラエティ『東京湾大調査!お魚ぜんぶ獲ってみた2』。

武井壮さんが東京湾で奮闘!

あらゆる深海魚を捕獲されるそうですね。

さらに

シンゴジラの第2形態のモデルで話題になった

『ラブカ』が獲れてしまって

話題が再熱!!

 

でも、このラブカ

映画公開時にも思いましたが

やっぱりきもいですよね。。笑

 

また、番組を見てラブカって食べれるの?

と思った人も多いのではないでしょうか。

今回はそんな

「エラがきもい!」と話題の生物ラブカの画像や

味についての情報をお楽しみください!

 

 

ラブカのエラがキモい・気持ち悪いと話題!【画像】

いや、ほんとに

こんな生物が東京湾近郊にいていいの?

ってぐらいのビジュアルの破壊力です。。

 

うおっ!!(汗)

 

 

 

出た!!エラ!!

キモい!って言われている理由

わかるわ!!

 

 

な、なにこのくちまわり。。

どうなってんの??

 

 

こ、こ、怖い。。

 

映画「シンゴジラ」の第2形態のモデルとなった古代ザメ「ラブカ」。

悪魔のサメ”の異名を持つ「ゴブリンシャーク」とも呼ばれ

映画公開時にも話題になったこの古代魚のエラ

ほんときもい!

生息数も少なく、比較的海の深い所にすんでいるので

見つけることが難しく、生態の詳細の不明点が多いそうです。

 

 

あと、ネットでは食べられる情報がちらほら。

 

ほんと??

 

きもいラブカ。。気になる味は?

 

深海に生息するサメは、比較的臭みがなく

白身でさっぱりしていて

脂もほどほどのっていておいしいとの話。

味わい的に、『真鯛(マダイ)』と似ていると言われているようですよ♪

 

ラブカ獲れちゃった!どうやって食べよう。。

これは真鯛のお刺身。美味しそうですね♪

こんな感じでラブカは簡単な調理で食べられちゃうらしいです。

 

東京海底谷は、栄養分多く、エサも豊富にあるので

もしかしたらラブカが獲れちゃう可能性も。

 

調理法としておすすめされているのが

意外にも『刺身』!

クセがなく、コリコリと歯応えがあるらしいです。

 

そのほかにも、

炒めたり、ふつうの魚と同じような調理方法で問題ないとのことですよ。

日本には深海魚専門の漁師さんもいるようで

深海魚料理もあるとか。

 

冬場に大人気の鍋『アンコウ鍋』も同じですよね。

ごついルックスのくせに味は絶品!

人は見かけによらないといいますが

魚さんも同じなのでしょう。

 

「おい、おれ、美味しいんだよ?

 食べてくれよ…」

なんて言っているかも知れませんよ?

 

ほんと、見た目だけで判断できないものですね〜^^

 

 

ラブカのきもさはネットでも話題!

このラブカ。

なんどもテレビに登場しているようで

すでに世間的には「きもかわいい♡」との認識のようです(笑)

 

しかし、やっぱり多いのは

「きもい」。

です。。

 

https://twitter.com/kasutera411/status/929745828419215360

 

なんかかわいそうに思えてきました。。(泣)

 

まとめ

日曜バラエティ『東京湾大調査!お魚ぜんぶ獲ってみた2』。

シンゴジラの第2形態のモデルで話題になった

『ラブカ』。

 

あ、あと食べるに当たっては

しっかりとしたお魚の技術や知識のある人に聞いた上で

口にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です