有吉ゼミ|田中美佐子は釣り好きで腕太くてもかわいい!年齢は?若い頃画像

 

どうもふじぴーです。

むかし、奥田民生さんに憧れて始めた以来

ルアーフィッシングにはまっています^^

 

 

2018年2月5日放送の『有吉ゼミ』の人気企画

『そうだ、漁師になろう』

大物ベテランの美しい女優

田中美佐子さんが

またまた大物にチャレンジするようですね^^

 

今回の挑戦相手は

1億5000万年前から地球上に存在していたと言われる

古代魚『クラウンナイトフィッシュ』だそうで。

 

きた〜〜〜〜!

って(笑)

無邪気さがまじかわいい(笑)

 

ほんと釣りが好きそうですよね^^

日に焼けてたくましい

 

この釣り好きキャラ

世間の周知の事実のようだけど

いつから釣り始めたのかなぁ。。。

 

 

田中美佐子さんの釣りの腕前がすごい!

田中美佐子さんは

週に1度のペースで釣りをされるほどの釣りフリーク。

釣りに目ざめてから20年以上経つらしいですね。

 

その経験則による腕前あって

今回の有吉ゼミ以外でも

今までにも数々の大物の釣果報告があるようで。

 

過去には15kgのシマアジを釣ったこともあるとか。

 

ちなみに、↑このシマアジで6.8kgらしいです。

なので、これの2倍以上ってことです。。

すご(笑)

 

 

また

過去の有吉ゼミの『そうだ、漁師になろう』企画では

 

深海の高級魚『ベニアコウ』(1匹8万円!)や

体長80cmの『メバチマグロ』を釣り上げたり。

 

 

↑この回(35分〜55分あたり)では、料亭では30万もする

高級魚『アラ』を狙うも

残念ながら失敗してしまいますが

とんでもない幻を釣り上げたり。

 

一般の居酒屋さんとかでよく見る

ホッケ(回遊魚)とは違う

幻と言われる『根ホッケ』を大量に釣り上げたり。

 

その他にも様々な国や場所で

今までの田中美佐子像をぶっ壊す勢いで

ガンガン魚と戦っています(笑)

 

いやぁ、ほんとうに楽しそうじゃないですか

アタリが来たときの嬉しそうな美佐子さん。

見てるだけで元気になるし

幸せな気持ちになりますね^^

 

しかし

昔の田中美佐子さんを知る人間には

かなりのキャラ変で戸惑う人もいるかもしれません(笑)

 

いつまでもかわいい田中美佐子さんは何歳?若い頃は?

田中美佐子さん、ふじぴーが物心ついたころから

ずっとかわいいまま。。♡

今の釣り企画からはちょっと想像つかないかもしれませんが

魔性の女の異名を持っていたウン十年前

田中美佐子さんのあどけない表情と妖艶さは

昔から半端なかったです。

 

キャラが変わってきてるとはいえ

やっぱり、魅力が衰えないんですよねぇ。。

そんないつまでもかわいい

田中美佐子さんの年齢はなんと58歳(2018年2月現在)。

 

 

まだまだ美しさに衰えをみせないばかりか

ますますパワフルになり

昔とはちょっと違うかわいさが生まれています(笑)

 

週に一度海釣りをするのがルーティンのようですので

これだけ長い時間海に出ているとやっぱり真っ黒になりますよね。

ちょ、ちょっと

腕も太くなっちゃってるし(笑)

 

釣りしてみたいなぁと思っても

女性ならちょっとUV対策考えちゃいますよね。

 

ふじぴーですらテニスするときに

日焼け止め塗りますからね。

でもあれ

べたついたりするのがイヤだったりするんですよね。

あ、でもふじぴーはこれ使ってますよ。

石けんでかんたんに洗い流せるやつ。

 

 

うちの子供たちにも安心の成分で

めちゃ気に入ってます。

 

香りもいいし。

 

ほんと、海が好きな田中美佐子さん。

主に海釣りがメインとの話も聞きますね。

 

そういえば、田中美佐子さんのご出身地って

釣りスポットとしても有名だったような。。

 

田中美佐子さんが釣り好きになったきっかけは?

『有吉ゼミ』の企画『そうだ漁師になろう』では

田中美佐子さんがフロリダにて

古代魚の王様クラウンナイフフィッシュを

見事釣り上げてしまうわけですが

これ、ふつーの釣りフリークぐらいでは

とうてい無理っぽい。。

 

なんでこんなに上手なんだろ。

 

田中さんは

島根県隠岐郡西ノ島町のご出身とのことなので

もしかしたら幼少期から釣りをしていたのかなぁ

と思いきや

ちょっと、というか

全然違った。。(笑)

 

 

じつは田中さん、釣りは

20年ぐらい前から始められたとの情報があります。

 

田中美佐子さんは1959年11月11日生まれ(58歳)。

なので

20年前、1998年の38歳の頃から始められたことになりますね。

 

たしか1995年にお笑い芸人の深沢邦之さんと結婚。

その3年後から釣りにハマったようなので

そうか

旦那さんが釣り好きだったのかな〜^^

 

と思いましたがこれもまたハズレ(笑)

深沢さんが釣り好きとの情報が全くない(笑)

 

 

田中美佐子さんの釣り好きはDNAに刻まれている?

田中美佐子さんのご出身地

島根県隠岐郡西ノ島町

メバルやグレ(メジナ)、アオリイカが釣れることでも有名な

釣りフリークにはたまらない聖地らしいです。

 

さらにはチヌ(黒鯛)も釣れるとか。

 

もしかしたら

女優業、育児におちつきがみえた頃に

幼少期に釣りをしていた頃の(してないかも笑)

DNAがうずきだしたのかもしれませんね〜^^

 

とにかくむじゃきで楽しそうな

田中美佐子さんの釣り姿。

かわいくてかわいくて。。(笑)

ネットでも話題になっているようですね。

 

田中美佐子の『そうだ、漁師になろう』はネットでも大人気♪

田中美佐子さん釣りっぷりはネットでも話題のようです^^

 

みんな元気をもらっているようですね!

わかりますわかります〜^^

 

 

クラウンナイフフィッシュは美味しいの?

2018年2月5日放送の『有吉ゼミ』の人気企画

『そうだ、漁師になろう』で釣り上げる古代魚

クラウンナイフフィッシュは現地では食用の魚だそうですね。

古代魚とはいえ、アロワナなどと違い体長もほどほどの大きさ。

そして

見た目にもスッキリしていていかにも食べられそう。

その想像を裏切らず

クセのない味で一般的な食用の白身魚として重宝されているとか。

引き締まった身は揚げ物やスープにも適していて

調理バリエーションが多く

そうですね、カジキに似たような感じでしょうか?

とっても食べてみたくなりますよ^^

 

まとめ

田中美佐子さんの新しく開花した魅力が爆発する

2018年2月5日放送の『有吉ゼミ』。

色黒になって腕太くなっちゃったけど

元気でいつまでもかわいい

田中美佐子さんの姿を

チェックしてみたいと思います♪

 

お読みいただきありがとうございました^^

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です