カメラを止めるな上映中止?和田亮一の現在の仕事と収入【顔画像】

 

どうもふじぴーです^^

 

映画『カメラを止めるな』、観ましたか?

ふじぴーは観てません^^

 

そのくだらない理由は最後にでも。

 

さて、2017年に公開されるやいなや

多くのインフルエンサーの口コミもあってか

2018年、大ヒット中の映画『カメラを止めるな』に

盗作疑惑が上がっちゃって話題になっていますねっ♪

 

なんと上田慎一郎監督は和田亮一さん主催の舞台、

盗作元とされる『GHOST IN THE BOX』を観劇されていて

そこからインスパイア(ってパクリじゃねぇのかw)されて

原作として表に出したのだとか。

 

現在、すでに訴訟の準備段階にいたっていると言う

原作者(?)和田亮一さんの言動に

大きな注目が集まっているようで

これはほっておくわけにはいかない!(観てないけど)

 

っということで、気になる彼をチェックだチェック!^^

 

和田亮一って誰?現在の仕事と収入は?【顔画像・動画】

今回の盗作疑惑については報道にあるとおり

彼は、元劇団員から盗作であることを告げられるところから

この訴訟劇は始まることに。

 

映画の評判は、僕も周囲から聞いていました。

そんなとき、過去に僕が主宰していた劇団の後輩から

『あれ、先輩の作品が原作ですよ。知らなかったんですか?』と言われて、

初めてその映画が、僕の演出した舞台

『GHOST IN THE BOX!』(以下『GHOST』)を

もとに作られたことを知ったんです」

 

人から聞かされるなんて

かなりショックだったでしょうねw

 

んで。

2018年8月現在32歳の和田亮一(わだ りょういち)さん。

1986年5月30日生まれで、血液型はO型。

現在のご職業は広告業に携わる『クリエイター系』とのこと。

今現在も、舞台の演出・脚本などもされているとの情報もあり

広告業と言っても広い世界。現在の収入等は明らかになっていないですね。

 

そんな、現在は別の活動をされている和田亮一さんですが

2011年から2014年にかけて、和田氏が主催していた『劇団PEACE』。

その劇団活動時に行っていた舞台

『GHOST IN THE BOX』と『カメラを止めるな!』の

構成や、セリフが瓜二つだというのだっ!

 

 

そのそっくりでパクリの元となった舞台だが

いったいどのような舞台だったのだろう。

調べていると情報がありましたよん。

 

 

和田亮一の『GHOST IN THE BOX!』ってどんな舞台?出演者は?

このポスターかわいいデザインですね^^

メッチャ観てみたいです♪

 

ってなかんじで、ネットでは

 

めっちゃ舞台も観たくなったから裁判するより乗っかって舞台再演してほしい

 

との声も上がっているように

舞台そのものがどのようなものだったのか

気になる人も多い。

 

んまー、

内容を追究するためには、こればっかりは

両方観てみないと何とも言えないしね。

ご本人や、元劇団員の方、また

弁護士の方が『そうだ』っていうんだからそうなのでしょうか

ってわけにはいかない!

 

『GHOST IN THE BOX!』

期間 2011/08/18 (木) ~ 2011/08/22 (月)

劇場 上野ストアハウス

出演 高橋圭亮、大坪勇太、すすきぺこ、福島龍一、石井肇、中村匡亮、

  伊藤剛、高橋祐太、和田亮一(以上、PEACE)、瀬戸千夏、阿部一樹、

  原田篤志、草野亨(ライトハウス)、石原和宏、免出知之(unitif)、

  藤井沙央理(スペースクラフト・エンターテインメント)

脚本 荒木駿

演出 和田亮一

 

 

ネットで調べていると、

舞台を観た方がブログに書き込まれていらっしゃって

とても参考になりました!

 

作家内藤みかのイケメンのいただき方

 

で、こちらがコメントされていた内容なのですが

リンク先はネタバレが含まれるのでご注意ください。

         ↓

話題の映画『カメラを止めるな!』観てきました。
面白かったです♪

映画を観ていて、オヤ?と途中で思ったのです、数年前に観たあの舞台と設定すごく似てる!って。
映画を観終わって調べたら、やはり!この映画の原案となったのは、その舞台だったのです!

(記事引用元:内藤みかさんのnote

 

 

ほほぅ。なるほど。

観た方の言葉は、やはり説得力がちがう。

 

なんか、ここまで似てるっていうなら

どれだけ似てるのか、逆に映画観たくなってきた!w

 

 

 

 

和田亮一の訴えにネットの反応は?

彼もTwitterで言っていたようですが

この『カメラを止めるな』を観た後、

諸手を挙げて高評価を打ち出していたのに

なぜこのようなことにw

 

 

カメ止めが売れたから こう言う話が出てきたんだろうな〜

 

和田亮一は何に怒っているのか。 ①今ある評価は全て舞台関係者あっての評価だ!という怒り

②舞台関係者にも敬意を払ってくれよ!という怒り ③金よこせ!という怒り

④面白いもの作ったじゃねぇか!という嫉妬 ⑤FLASHが尾ひれ着けただけで、実はそこまで怒っていない

 

で。

訴えでは、映画に『原作者』としてクレジットして欲しいと仰っていましたが

映画観てないふじぴーにはよくわかりませんが

このようなつぶやきも。

 

エンドロールに劇団名と舞台の名前は入ってたね。

監督と演者にお金が全然入らない形での拡大ロードショーみたいだし

プロデューサーが原作料しっかり払いなさいよってとこだよなぁ

 

劇団名・舞台名は上がっていたとのことだけれど

ご自身の名前が出なかったことが気にくわないんでしょうかね。

 

 

 

盗作疑惑で浮上!和田亮一氏の過去の黒歴史?

ネットではその他にも

過去に和田亮一さんが行ったとされる

事件について言及があって。

 

和田亮一さん。東京パン○ラの件と今回の盗作?は別件として扱うべきだけれど、

そういうやり方でご飯食べている印象は拭いされないのでは。

 

和田亮一さんの作品、数本しか観てないけど結構好きだったから、

東京パン○ラの件で裏切られてすごく残念だったけど、

自分のしたこと棚に上げて訴えるとか言ってるのは本当に幻滅だわ。

 

 

これほんとなら何か悲しい

 

 

ってことで、チマチマ調べていると

『TOKYO:PUNCH-LINER』ってキーワードが

ドカン!と浮かび上がったのれす♪

 

そのTOKYO:PUNCH-LINER事件とは!?

 

和田亮一氏演出の舞台

TOKYO:PUNCH-LINERの、CD、DVD。

この予約代金を持ち逃げしたと言われているのだ!

 

これぞまさにやぶ蛇状態!www

ブーメラン直撃です^^;

 

https://twitter.com/greeNtsuN/status/1031690230464536576

 

 

さらには、連絡がつかなくなったり

大きな大きな迷惑をかけていたようだ。

 

 

 

和田亮一って誰?まとめ

さて今回は、

「金が目的じゃねぇ!」(←誇張)と

ご自身の作品や、元劇団員の威厳を守るために声を上げた

『カメラを止めるな』の原案をつくられたらしい

和田亮一さんにフォーカスしてみました。

何かを守るためなら

だれでも一生懸命になれるものですね。

 

っていうかこれ、

上映中止になっちゃうレベルじゃないか?

早く観に行かないとヤバイかもね♪^^

 

(あれ、もしかして僕ら釣られてる?w)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です