コスパスプラウトとうみょうさんのポテンシャル

とうみょうさんが復活した。

 

この

100えんで買ってきた

豆苗(とうみょう)さん。

エンドウ豆が発芽した、その姿、見た目のかわいさや

風味にくせのない食べやすさで

いろんな料理に絡めやすいスプラウト系の野菜だけど

それだけじゃあここまで主婦たちが沸かない。

沸くはずもない。

 

 

とうみょうさん

じつはなかなかポテンシャルが高い。

 

 

とうみょうさんの隠れたポテンシャル

 

ちなみにとうみょうさんが

ふじぴー家でループ栽培され続けているには

理由が3つある。

 

 

 

栄養

 

βカロテンがブロッコリーの5.8倍、ビタミンCはほうれんそうの2.1倍

食物繊維はアスパラガスの1.7倍あるといわれている。

おなじスプラウト系のもやし感覚で摂取しているひとには

味にはまったく影響がないのでどっちでもいいところかもしれない。

健康に敏感なら

ダイエットで食事制限していると不足しがちな

たんぱく質も豊富だし

美に敏感なら

気になる栄養素、細胞の再生に必要な「葉酸」さんもいる。

妊婦さんにもおすすめらしい。

ぼく個人的には食物繊維も見過ごせない。

※食物繊維には

「水溶性」と「不溶性」の2種類あって

豆苗は「不溶生食物繊維」。

合わない人もいるので注意。

そのほかにも

ビタミンEの抗酸化作用パワー、ビタミンKの骨パワーなど

それはもう驚きだ。

100円でこれだけのパワーが摂取できる。

 

コスパすごい。

そりゃ買うよね。

 

買う?まだ?

 

 

 

再生能力

 

これが主婦のあいだで

爆発的人気を勝ち得ている理由。

 

まず

100円で(←こここだわる)買ってきて刈り取る。

食べる。

うん、そこそこ(ほんとそこそこ)うまい。

ほんのりえんどう豆のかおり。みつ葉っぽい?

しゃきしゃき触感だけど

水菜みたいに歯にはさまらないし

いろんな料理に絡めても食べやすいし

見た目もいい。

 

あー美味しかったね。安いしいいね。

 

と、ふつう

他のスプラウト、もやしやかいわれ大根

ブロッコリー、マスタードならここで終わる。

ところが

とうみょうさんは

再発GOGO(語弊あり)。

1週間ほどたてば

もういちど生えてくる。

一度で二度おいしさを楽しめるし

収穫の喜びも味わえる

 

もう買っちゃうよね。

買っちゃえばいいんじゃないか。

育ててみようか。

 

まだか。

 

 

 

生命の尊さをリアルに感じる

 

 

少し大げさ。

でもあのね

かわいいんだなこれが。

まいにちまいにち

ちょっとずつだけれど成長が見られる。

わーいわーいって

空に向かって

子どもたちが背伸びしている。

それって見ていてすごく楽しいし

植物のいのちの儚さの裏にある

健気な美しさに胸がおどる。心が潤う。

 

犬や猫を飼うのと同じように

命のたいせつさ

美しさを知ることができるのではないだろうか。

心をこめて「いただきます」と言える子になってほしい。

食育のリテラシーも育まれるかもしれない。

なんといっても

育て方がメチャクチャかんたん。

土いらずな水耕栽培なので

水(飲料水)を適量

まいにち入れ替えてあげるだけ。

※多すぎ注意

もちろんお家のなかでOK。

日当たりがいいにこしたことはないけれど

そこまで気にする必要はないみたい。

 

 

……。

 

いいとこばかりすぎる…。

 

 

キレイなものにはトゲがあるのか

 

 

なんだこの

えんどうさんちのとうみょうさん、持ち上げすぎ感。

 

いいとこばかりが目につくけれど

じつは悪いところあるんじゃーないのー?

おくさんの

「自分がみつけてきてやったぞどうだすごいだろ」

オーラがすごすぎて

なぜか嫉妬心が芽生えてきた。(とうみょうだけに)

 

 

キレイなものにはトゲがあるっていうし。

基本、ふじぴーさんは

とても美しく清らかで

人を疑うことを微塵もしらない

神のような心をもっているのだが

そんなふじぴーさんも

世のなかそんなに甘くないことを知り

あまたの辛酸をなめつづけてきた経験則から

石橋をたたいてたたいて

たたきまくって壊れて

けっきょく渡らないくらいの猜疑心も

併せ持っている。

 

 

調べた。

けっこう調べたし聞いた。

 

 

 

調査(あら探し)結果

 

 

だがこれが

ほとんどみあたらないし聞かないんだよなあ。

まあよくある

なんでも食べ過ぎはよくないよってことくらいかな。

ほんっと食べすぎると

食物繊維(不溶生)のとりすぎで

便秘が逆にひどくなったり

腹痛、下痢になったり

おなかの調子がわるくなるらしい。

いやー

そもそもそんなに量がないし

お腹いっぱい食べるような主食でも

メインのおかずでもないし。

 

 

 

コスパだけが選ばれる理由ではない

 

 

コスパ(コストパフォーマンス:費用対効果)っていうか

タダでもうひとつついてくる的なあれだもんなあ。

 

不景気のあおりってすごいね。

みんながみんなコスパ、コスパいいだしちゃって

戦時中みたいに「贅沢は敵」みたいな風潮が止まらないね。

いいものはいいって価値観も育ってきてるし

とうみょうさんのポテンシャルを鑑みれば

そういう視点からみると

選ばれるのはコスパだけじゃないみたい。

 

 

 

そんなこんなで

きょうもまたぼくは

トトロにでてくる

さつきとめいのように

とうみょうさんに手を合わせ

おおきくなあれと念を送っている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です