小室哲哉「お恥ずかしい話〈ED暴露と漢字ドリル〉」週刊文春に批判

ども。ふじぴーです。

90年代、TKサウンドで育ったひとりです。

一番好きな歌は『失われた風景』です。

はい、エモいです。

 

 

小室哲哉さんの引退会見で

これでもかってくらい耳に触ったことば

「お恥ずかしい」。

 

これ、深いわ。

 

これ、ふつうに聞くと、自分を肯定するための接続詞みたいに聞こえて、気分が悪くなる人もいるとは思うんだけど、ふじぴー個人的には、心を落ち着かせるためのお酒みたいなものに思えたね。

 

何回も何回も繰り返した「お恥ずかしい」という言葉。

終盤の「不徳といたすところ」という言葉。

正直、何とも思わない。なにもお恥ずかしくもなければ、不徳もない。

僕はですね、小室さん、引退する必要無い派です。

 

 

小室さん、引退しなくていいんじゃないのかね

ツイッターで、ホリエモンさんがまた文春に対してクズ、言ってたのを見て、笑ったのと同時に、よく言ってくれた、ってガッツポーズ。

 

ホント、文春またかよ、って思ったけど、いややっぱクズかも!

ってネットでは話題になってるね。

毎度のことだけど、よーやるわ、文春。

 

回してると思う。今回ばかりは、ほんと、今回ばかりはかなり色濃いと。

 

 

文春さん、どれだけ、世の中から、日本から、価値を削り取れば気が済むんだろう。

なんで、日本の価値を下げようとするんだろう?

それもさ、証拠もなく事情も知らないくせに不倫扱いしたりさ。

ってか、不倫じゃないかもしれないじゃない。

それだけで、メディアの力を使って、判事とでも思ってるのかね、人を裁くんじゃないよ。いや、裁いてない、なんて、悪気のない顔した赤ちゃんのように、好きなとこでうんこたらしてんじゃないよほんと。

ほんと、ホントのところ、分からないじゃない、当事者じゃないとさー。

介護の苦労とか、突発性難聴とかさ。言い方悪いけど、知ったこっちゃないし、わからないし、なんで会見で言うことかよって感じだけど、

 

小室哲哉さんも、人間だよ。わからないのかね。

 

A子さんと、部屋で一緒にいた時間が、スクープした人か文春のクズと言われる記者さんたちなのか分かんないけど、価値観も、人生の環境も違う人にジャッジされて、

それを、なんか即不倫(男女間の身体の関係っていうの?)って決めつけておもしろおかしく報道したりさ。

 

お恥ずかしいその1【漢字ドリル】

「お恥ずかしい話ですが、いまは小学校4年生くらいの漢字のドリルとかが楽しかったりで、全てがそういうレベルではないですが、そういったレベルのことはあります」

とかおっしゃってましたね。泣きそうになりながら。

 

いや、言う必要ある?って話なんだよね、率直に。

 

でもね、ちょっと待って。

高次脳機能障害の介護現場に、どんな形であれ、どんな質量であれ携わっている人がさ、「お恥ずかしい」、は無いんじゃないのかね、って瞬発的に反応しちゃう人が、たくさんいたんだよね。

この一言について、けっこう刺激が強かったのか、ストレートに反応してしまった人が多いように見受けられる。

 

 

まぁでも、KIEIKOさんの病状とかさ、家族とのコミュニケーション内容とか言い過ぎじゃないすかっとは思ったけどね。そうなると、お恥ずかしい、の意味が、ちがってくるじゃん、なんか。

「お恥ずかしい」のが、そんなKEIKOさんに対して、思っちゃった自分が恥ずかしいって意味なのかなやっぱ、って思うけどね。どう?

動揺しまくっちゃってる小室さんの脳みそだよ。

そりゃKEIKOさん、今どんな状況なんだろうって心配する人多いとは思うしさっ。

なかなか。人のアタマの中わからないものだよね。

人間、って、たかがそんなもんじゃない?

 

 

お恥ずかしい話その2【ED】

もう、インタビュアー。ここまで言わせるのか。

追い込むねー。

「本当にお恥ずかしい話ですが、5年6年前から普通の男性としての能力がなくて」

ほんと、いや、これはね。どうだろう。

ぶっちゃけ、ふじぴー的にもお恥ずかしい話になりそうですが。

ED=勃起不全。性交渉をするための十分な勃起が得られない場合や、勃起を維持できないために性交ができない状態を指します。最近ではED(Erectile Dysfunction)と呼ばれています。腟内射精障害は、勃起が得られ性交ができるにもかかわらず、腟内では射精できないもの。

 

不倫の定義って人それぞれだとは思うんですよ。とくに女性がデリケートいなるのかな。一般的に。

どんな形、レベルであれ、不倫じみたことは許されることではないし、今回の小室さんの場合、要介護者の夫であることを鑑みた場合、まったく許されることではない、とは思う。

また、繰り返して逆に女性に聞きたいんだけど、どうだろう。

この、デリケートな話、理解してもらえるのかな?って。

ちょっと、下品かもだけど性交渉時のトラブルってあるじゃないですか往々にして。

飲み過ぎたときとか、ちょっと疲れてたときとかさ。

なんていうか、中折れっていうか、もうぜんぜん元気がないっていうか。

それこそED状態。

このときの自信喪失っぷりったらもう、計り知れないんですよ。

ストレスが原因なんだ!とかじゃすまないんですよね。

それがですよ。

想像を絶する、介護生活においてですよ。男女間だったはずが、親子のような関係に変わっていったと小室さんもおっしゃっていましたが、そうなったとき、

 

無償の愛が芽生える代わりに、失うものって、あると思うんですよ。

女性に対する愛の形が変わってしまう、というか。

ま、ちょっとはね、

「うあー、不倫してない、ってことの原理原則みたいなネタとして使っちゃったー」

とは、一瞬思ったけど、でも言えないよ

 

ふつう。

 

ほんと小室さん、文春のすっぱ抜きの対応ごときに、

よくそこまで言ったなと思ったよまじで。

 

 

 

まとめ

とにかく。記者会見をすべて見終わって書き殴りました。

長々ずっと聞いてると、ちょっと言い訳みたいにも聞こえるかもね。

あと、介護に疲れてたんで、突発性難聴なんで、ちょっと話を聞いて欲しい人、頼りたい人が必要だったみたいな文脈にうんざりしそうだったけどさ、

小室哲哉さん、正直に考えているところを、話せる限り話してくれてたように思うね。

ある意味、わかりやすい感じで。正味、どっちでもいい。

クリエイターにそんなもの求めてないっす。んで、

小室さんを裁くことができるのは、KEIKOさんだけです。

その他大勢、ふじぴーも含め、だれも揶揄するどころか判決を下す権利なんてありませんので。

 

小室さんの音に、どれだけの人が、どれだけ救われてきたんだろうね。

どれだけ、日本を牽引してきたのだろう。

 

いろんな『しがらみ』がある、と、小室さんは今は思ってるかもしれないけど、

そんなもの幻ですから。自分を責めて楽しむだけの思い込みですから。

 

TMスタートのころも、90年代も、

ぼくら、そんなもの求めていませんから。

 

いいことも悪いことも同じですよ。

何かしら価値を与えるのが

アーティストだと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です