B’z稲葉「ご心配かけました」全曲歌えたナゴヤドーム31日大丈夫!

 

どうもふじぴーです。

嬉しくて死にそうです。

B’zファンのみなさん、朗報です!稲葉さん、12月30日のナゴヤドーム歌いきりました!もちろん全曲!ウルトラソウルも熱唱です!!

すみません。。1曲ネタばれで。

2018年でデビュー30周年を迎えるB’zさんの、約2年ぶりの全国ツアー『B’z LIVE-GYM 2017-2018 “LIVE DINOSAUR”』が、良い意味でも悪い意味でもめちゃくちゃ盛り上がってます!く〜!!(泣)

悪い意味で盛り上がってる理由、稲葉浩志さんの喉の不調です。ファンから心配の声がツイッターに山のように届いています。

2017年12月28日の『RADIO CRAZY(レディクレ)』でのライブ中に声が急に出なくなった『B’zの稲葉浩志(いなばこうし)』さんの事件で、12月30日・31日の名古屋ドームでのライブの行方が不安視され、「ライブは行われるのか」「稲葉さん心配」などネットで騒がれていました。

しかし!12月30日のライブは行われ、ライブは大成功の大盛況!よかった〜!!

もちろん予定されていた全曲を完全熱唱し、明日31日のライブへ希望を繋いだカタチになりました!

 

B’z稲葉さんの声が出ない原因は?

2017年12月28日に、インテックス大阪で行われた『RADIO CRAZY』でのライブ中、急に稲葉さんの喉が不調に。そして、4曲だけを歌い中断。もちろんファンから不満の声など上がるわけもなく、心配する声が圧倒的に多いです。

スタッフがライブ中止を決断する中、稲葉さんは『続行』を。さらに、体力的に負荷の大きい2曲ultra soulとBANZAIを歌うことを選んだそうですね。

 

「ultra soulをやろう」と稲葉さんがメンバーに伝えていた。あの日の事は一生忘れないだろう。そして思い出しては胸が熱くなる。 舞台袖で「中断をアナウンスしてほしい」と舞台監督から指示があった。それも再開のニュアンスは含めないでほしいと。 中断を伝え舞台袖に戻るとスタッフさんとメンバーに囲まれて中止か再開かの協議をされていた。あの時のスタッフさんはドームツアー中もあり中止させたかったはずだ… しかし稲葉さんの言葉で一気に再開の方向に向かった。あの決断…何度もインタビューをさせていただいたが「ライブ本番にピークをもっていく生活」を徹底されている。あの状態でステージに立つのはどんな心境だったのだろうか、そして自分の喉の状態は自分が1番よく知っているのだから。張り詰めた空気感をドラムのシェーンがムードメーカーな笑顔で稲葉さんの元へ「KOUSHI、リラックスしてくれ。オレ達は全力でバックアップするから」「Thank you だったらultra soulとBANZAIだ」え!その判断に誰もが耳を疑った。あの日のセットリストでもっともハイエナジーな2曲をあえてやるという。上手にいた松本さんもボーカリストの意思を尊重し再開へ。誰よりもステージに早く戻りマイクを手にあの命を削るようなライブが始まったのだ。オーディエンスの為、声が出なくても音楽の体温を届けたい。それを受けたオーディエンスは歌って応える!2曲の大シンガロンで幕を閉じた。稲葉さんの思い、B’zの魂(Soul)に触れ心が震えた日。あれから2日たった今「ultra soul」の歌詞を改めて見直してみると違った響きになって届いてきた。#fm802 #レディクレ #bz

A post shared by Takuto Onuki (@takutoonuki) on

松本さんも、稲葉さんの魂の選択に従ったんですね。お二人のプロ意識というか、ファンの為に自分に何ができるのかだけを考え、強い意志でライブを決行することを選ぶという、まさに熱い、超のつく魂の強さです。

20年以上、B’zを追い続けてきましたが、やはり稲葉さん格好いいです。いままで何回も惚れ直してますが、さらに今回惚れ直しました!

 

B’z稲葉さん熱唱!12月30日のライブは大丈夫でした!

2017年12月30日のナゴヤドームライブ、シャウトガンガンで、枯れていたことは否定できませんでした。しかし、歌えば歌うほどどんどんクオリティがあがる!うそやんまじで!泣けてくる!

でとうとう!全曲歌いきりましたね!『B’z LIVE-GYM 2017-2018 “LIVE DINOSAUR”』ナゴヤドームライブ初日、稲葉さんやってくれました。。。(涙)

もちろん、喉の不調から2日しか経っていないので、歌声は完璧とまでは行きませんでしたが、やっぱり、稲葉浩二さんはプロでしたね。「がんばって!」というファンの声も、ツイッターに多くあったので、無理してがんばってしまうのでは、と心配していましたが、いやはや、なんとか大丈夫そうな気配。

 

B’z稲葉さんの喉復活!12月31日ライブは大丈夫(っぽい)!

2017年12月30日のライブは、とりあえず中断することもなく声が出ていました。喉のメンテナンスンの為だとは思われますが、水を飲む回数が多いように思いました。ですが、ん〜明日も大丈夫じゃないかな!っと。僕の勝手な判断で言えませんが、行われそう!です!そして、稲葉さんからこのような↓言葉ももらえました。行われそうですよね!!

 

B’z稲葉さんから「ご心配かけました」

ライブ前半に稲葉さんから今回のライブを心配するファンに向けてメッセージがありましたね!

「ご心配かけました」と。ファン、大泣き状態。もちろんふじぴーも号泣です。

「色々聞いた方もいるかもしれませんが大丈夫ですので」とのこと。心配が拭い去られたわけではありませんが、ひとまずは稲葉さん、おつかれさまでした。頑張ってください〜!!

あと、「声出ないと思ってるでしょ?出ますから」とみんなの心配する心を、クスッと笑いで癒やすかのような、ごまかすかのような。ほんとにも〜大好きです。かっこいいなぁ。

 

まとめ

ライブ前、グッズに並ぶ人たちの多さにビビりました(笑) まるで、スターウォーズのクローン兵のようです(笑)

グッズ購入したかったら早めに行きましょうね!寒い方、ドーム内にもありますよ!

稲葉浩志さんの喉の不調により、悪い意味で盛り上がって始まった今回のB’zのツアー。ツイッターに上げられたファンが心配する多くの声が神様に届いたのか、稲葉さんの喉が奇跡的に回復するに至りました。もちろん、神様だけの力ではなく、稲葉さんのプロ意識による、普段からのメンテナンスが活きているのでしょうね。

来年2018年で30周年を迎えるB’z。数々の喉の酷使があったのでしょう。30周年の節目、とにかくウルトラソウルで乗り切っていただいて、その後無理をせず休養していただければと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です