バイ最上もがのレズ相手とは?すっぴんブス?整形前・キス・カップ画像

 

どうもふじぴーです。

最近、運が良いような気がしています。うそです。

 

 

12月29日放送の『有田哲平の夢なら醒めないで』に人気アイドル『最上もが』さんがまたまた登場するね。

この番組で、いろいろ告白することで注目を集めてるんだけど、また今回もぶっちゃけてしまう。

人気占い師しいたけさんに開運アドバイスを請う中で、今までの男性からうけた裏切りから男性不信に陥った話を告白しました。

さて、彼女。2017年8月、アイドルグループ『でんぱ組.inc』を脱退したばかり。現在ソロで大活躍中の最上もがさんですが、様々な噂がとびかっているし、こりゃまちがいないだろう!と思えるような情報もあったり。

目下、グラビアだけに止まらず人気が急上昇中の最上もがさん。ちょっと気になります。

 

 

最上もはバイセクシュアル(バイ)なの?

最上もがさんが女性を好きになったのは10歳くらいからだそうですね。何度もテレビやツイッターなどで『バイセクシュアル』であることを、言葉なり写真なり公開・告白しています。

そんな、自らバイを公言している最上もがさんですが、『有田哲平の夢なら醒めないで』の番組中では、男性への不信を語っている。

ん、やっぱり男も好きなんだ。でも、そうとう男性に傷つけられたのか、

「男は嘘をつくし、どうせ裏切る、傷つくなら関わりたくない」といった内容を告白している。

 

10歳以前に、男性(男子か)から受けた、不信がゆえのバイなのか。はたまた、父親からの影響なのか、理由はまったく明らかになっていないけれど、相当な傷を負っているんだろうね。

このバイ路線もキャラ作りの一つではないかと言ってるひともいるなぁ。あと、男性不信は枕営業が原因か、とも言われているね。

まぁ、なかなか、何を考えているのかわからないキャラづくりをうまいこと成功させている人ですわ。

 

 

最上もがのすっぴんはブス?

見たけど、ふじぴーはそうは思わないよ。もちろん、すっぴん好きではあるけれど。

 

どこがブスやねん。天使やないかい。

 

 

整形前と言われる最上もがさんがひどい?

あぁ、これか。何回か見たことあるな。

変わってるっっちゃぁ、変わってる?人間の成長著しいからね。

人間と宇宙の神秘を侮るなかれ。

 

 

最上もがキス画像!レズ相手は誰?

あったよあった。ぽいのが。っていうか自分のツイッターに上げてるんだね。

「やっぱ、キャラ作りか?」と思われてもしょうがないんじゃない?

 

本人がツイッターに上げてる画像だけに生々しいし、相手のことも考えず(内輪で承諾済み?)躊躇なくさらすところに、なにか意図を感じるのはふじぴーだけだろうか。ひねくれた大人になったものだ。

 

バイセク最上もがさんのレズ相手とは

そのお相手が誰なのかと探してみたのだけれど、ぜんぜん判明しないや。だれなんだろう。でもこの2枚の写真、同じ女の子に見えるなぁ。一体だれなんだ?

同じ角度で同じ女の子。こりゃ、キス写真撮影係がいるだろ。

レズ相手として、ネットで騒がれているのは、セカオワの『Saori』さんだと言われてる。いきさつとしては、インスタグラムにアップした写真と内容から、ファンの間での妄想の産物であることが理由。

 

とりあえず、上の写真の人とは違う感じだね。

最上もがさん安定のさらりボブ

ちょっと気分を変えて、最上もがさんの髪型チェック。っていってもほとんど同じだけど。

カラー変えてみたり。

軽く分けてみたり。

メガネかけてみたり。

耳つけてみたり。

 

結んでちゅーしてみたり。あ、いいねこれ。すっぴんおでこかわいいじゃん。

この安定したヘアスタイル好きだなぁ。

 

あと、カップね。

 

最上もがさんカップ診断(β版)

はい。カップ公開されてません。

ということで、ふじぴーが独断で決めるカップ診断はじめます。

気になるサイズは水着のかわいい姿から診断。

ムチャクチャスタイルが良すぎて、びびっちゃってここには貼れなかったよ。

   ↓

最上もが 水着

 

ん〜すばらしいボディ。

ネットではC〜Dというのが大方の予想ですが、ふじぴーカップ診断専用妄想スパコン(毎回名前が変わるな)によるとDとの診断結果が出ました。診断結果はあくまでもサイズ。しかしこの子はなんていうか、いい塩梅の質と量と形だね。

まとめ

最上もがさん自ら告白、写真も公開しているバイ系のはなしで、勝手にもりあがっちゃってんな、って感じだったけど、なんか、いい世の中になったなぁ。番組観たおっさんたちから『昔だったら』、なんてつまらんツッコミ入れてそうだけど、ほんと、自由になったよ。こういう、メディア力のあるひとが、自由を表現するってことは大切なことだよね。本人はそんな計算なんてないのかもしれないけれどさ。

最上もがさんって、飄々としたキャラと、とってもかわいいビジュアルが不思議で神秘的な魅力となってるよね。いろいろな要素が彼女の魅力でもあるけれど、もっと何か、深淵があるような気がしてならない。これからも血眼で追い続けていきます。あしからず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です