デザイン作業がぜんぜんはかどらない音楽

 

いや、良い意味で、ですよほんと。

ほんといいアルバムだなぁ

BECKの新アルバム

『COLORS』。

 

でも今回ちょっと

 

ちょっとふじぴーには

 

POPすぎたぜ笑

 

ふじぴー、エモいくらいがちょうどいいんだなぁ。

デザイン作業のBGMには

まったく向かないです笑

 

 

活発ポップアルバムが登場

 

今年2017年10月にリリースされたアルバム

「COLORS」。

遅ればせながらやっと聴けた。

またかっこいいの出したな。

ノリノリのワクワクだ。

ジャケットのデザインはまあまあ。

今回のPOPさは伝わるね。

 

 

 

躁鬱をくりかえすBECKさん

 

なんていうか

ファンなら分かると思うが

躁鬱をくりかえすBECKのアルバムに

まいっかい

「次はどっちだ」と考えさせられるよね。

 

ちなみに前作は鬱テイストな

2014年のアルバム

「Morning Phase」。

 

しかし

 

今回は躁だ。オール躁テイスト。

痛快POP。

この会心の一撃でぶっ倒れた人は多いと思う。

 

まわりは

待ってました!これこれ!名作!過去最高!

みたいな感じでえらく盛り上がっているな。

よかったね。

 

 

 

 

シナリオ通りの上げっぷりと下げっぷり

 

勝手な憶測だけれど

昔むかし

Sext Lawsに沸いた人が

(アルバムMidnite Vulturesは売れなかったけれど)

Sea Changeあたりで

あれっ?ってなって沈黙。

そんで

Gueroで

ああ、そうそう、なんかアレだけれど

変わったんだね いいね

みたいにわいわいキャッキャしてたら

2014年、Morning Phaseで

ずどーん!と鬱状態に落とされちゃった。

 

そんな死にかけてたところに

この躁アルバム「COLORS」がきたと。

 

そんなシナリオ通りの展開に

やられていることも承知で

往年のBECKファンたちはよろこんでいるのかもしれない。

ほとんどがアラフィフかも。

憶測だ。

 

 

鬱テイスト大歓迎

 

巷では

Sea Change(鬱)が出た時は

精神的にまいってたとかウワサが流れてて

ぼくもその時は

ああ、そうなんだね

なんて一瞬おもったけれど

いやまてよ、となった。

 

おれ、こっちのほうが好き。

 

と。

 

枯れた?

大いに結構。

最高だよ、この、寂しさあふれる虚無感。

これもPOPだろう。

Modern Guilt、ODELAYも好き。

 

 

 

 

革命か?

 

 

『Je suis un révolutionnaire』

2009年に出たBECKのアルバム

「ODELAY」の裏ジャケットに書かれた

結構、みんな知ってるらくがきですよね。

 

 

訳は

「ぼくは革命家だ」。

 

彼は革命家。

 

自称フォークシンガーで

アメリカ南部の伝統的な音楽をルーツとしつつ

現代音楽に革命を起こしている。

 

 

ん〜 革命か。

 

なーんか、ひねくれもののふじぴーには

大人なプロデュースの手腕が

見え隠れしちゃってるんですけどね。

 

革命を起こした感じで

つぎつぎに躁鬱リズムをくりかえして

刺激をあたえてくれているのは

とても気持ちがよいし

あきさせないし

ってことで

ふつうにまちがいないんですけれど。

 

で、結局ふじぴーさん

何が言いたいの?

 

 

エモ鬱アルバムがよかったな

 

っていうグチ? なだけ? みたいな。笑

はーあ。

 

 

まとめ

 

だらだら主観を書きつらねて

逆に疲れた。もうやめよう。

ぶっちゃけBECK好きなひとって

自由な人多いんじゃないかな。

 

どっちでもいいっていうか。

どっちもいいっていうか。

 

今回のBECKのアルバム「COLORS」。

Mutationsのときの衝撃にも近い。

 

でも

 

軽い。

 

でも

 

たのしい。

 

て感じ?

 

 

革命はそっこー常識になっちゃうし

常識ってものが確立されれば

否定しながら

革命も起こしやすいしね。

 

スタイルの確立に重きをおく

アーティストとは毛色が違う

希有な存在。

 

これ以上話しすぎると

にわかBECKファンがバレてしまうので

これぐらいにしておいて。

 

 

 

ということで

次に革命を起こすならBECKさん

鬱テイストでお願いします。

 

なんてったって

仕事がはかどらないんで笑

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です